埼玉医療センター 臨床研究支援室 実施中の治験と臨床研究

埼玉医療センター 臨床研修医募集

看護師募集

附属 越谷クリニック

埼玉医療センター 女性医師支援センター

埼玉医療センター 新病院棟建設事業

皮膚科

皮膚科 サイトへ

概要

 皮膚科医は湿疹などの身近な皮膚疾患を扱うことも多いが、その中に紛れ込む重要・重症疾患を見落とさず、皮膚病変の診療から患者治療に貢献することが求められる。膠原病や他の全身性疾患に関連する皮膚病変などの内科的領域に加え、皮膚腫瘍、皮膚潰瘍など外科的領域の診療にも精通する必要がある。皮膚科専門医として自立するためには、外来診療能力だけでなく、重症疾患の重要性を理解し適切な対応ができるための入院診療を経験する必要がある。 

一般目標 

① 皮膚科専門医となるための知識、技術を習得する。

② 基礎的知識や論理的思考に基づき、湿疹や蕁麻疹などのcommon skin diseaseの診断・治療に精通する。

③ 全身性・難治性・稀少・重症皮膚疾患の診療を経験し、未解決あるいは未知の病態や疾患に的確に対応で    きる能力を養う。

④ 創傷治癒、皮膚外科・形成外科的手技についての正確な知識・技術を習得する。

⑤ 外来で実施する皮膚科小手術を習得する。

行動目標

①記述的皮膚科学:原発疹、続発疹の分布や性状を正確に記載する。正確な皮疹の観察につながる皮膚科

  の基礎技術である

②真菌検査&Tzanck test:診断補助検査であり必須

③皮膚生検:皮膚科専門医となるために必須であるとともに、皮膚外科へ第一歩となる

④皮膚病理学の学習:皮膚病理は特殊な点が多く、皮膚科医が自ら診断を下せることが必要となる。

   また、臨床像と病理所見を常に対比させて考えることが病態理解には重要であり、反復して学習する必要が

  ある。

⑤ 皮膚外科:局所麻酔で切除可能な表在腫瘍や外傷後の縫合の治療を行える。

⑥ 紫外線治療:多くの皮膚科疾患の治療に用いられるため、適応を理解し、実施できることが必要である。

⑦ レーザー治療:色素性病変の治療に有用なQスイッチルビーレーザー、ほくろや脂漏性角化症などの表在

  腫瘍の治療に有用なCO2レーザーの適応を理解し、治療が行える。

⑧ 天疱瘡、類天疱瘡、全身性強皮症、皮膚筋炎、血管炎、壊疽性膿皮症、膿疱性乾癬など重症皮膚疾患の

  治療ができる。

⑨ 皮膚悪性腫瘍の診断と治療が行える。

⑩ 壊死性筋膜炎、熱傷など緊急性皮膚疾患の治療が行える。 

特徴的研修内容

 当院当科は市中病院と大学病院の中間的な役割を担っており、オフィスダーマトロジーといわれるような一般の診療所で診察する疾患患者が多い。専門分野がアトピー性皮膚炎を中心としたcommon skin diseaseであり、その治療や対応法などを学ぶことによりオフィスダーマトロジストに必要な実力を身につけることができる。その一方で、地域中核病院として難治例、重症例の紹介も多く、非常に豊富な臨床経験をつむことができる。5人の皮膚科専門医と1人の皮膚悪性腫瘍指導専門医による指導が受けられることも特徴である。

研修など

1.皮膚病理研修:半年間毎週もしくは隔週

     研修1年目:2週間毎にテーマを替えて教授が指導する

     研修2年目:診断を提示せずに病理標本から診断をくだすトレーニングを行う

2.臨床・皮膚病理カンファレンス:毎週

     外来、入院の臨床例を対象に定期的に診断および治療法を検討する

3.コンセンサスミーティング:月1回

     経験の浅い、あるいは、共通認識が必要な治療や診断技術について、整理・検討を行う。また、他科医

     師による一般臨床に必要な講義を受ける。

4.埼玉県内での皮膚科研究会、日本皮膚科学会東京地方会、日本皮膚科学会総会および各支部総会など

  で学会発表を行う。

皮膚科専門医・皮膚科指導専門医資格について

 日本皮膚科学会入会時より5年間の皮膚科実施研修を満たすと皮膚科専門医試験の受験資格が得られる。週に2〜3日の研修では不可であり、常勤医としてフルタイムでの研修が必要。また、学会発表、論文作成、講習会参加も必要となる。当科は主研修施設であり、新専門医制度では基幹施設となる予定であり、今後は、獨協医科大学、東京医科歯科大学、秀和総合病院と連携を予定している。専門医試験に際しては個別に試験対策の指導を行う。