埼玉医療センター 臨床研究支援室 実施中の治験と臨床研究

埼玉医療センター 臨床研修医募集

看護師募集

附属 越谷クリニック

埼玉医療センター 女性医師支援センター

埼玉医療センター 新病院棟建設事業

病理診断科

病理診断科 サイトへ

概要

・当院の病理診断科で行っている業務は外科病理学の実践であり、手術検体や生検検体の病理組織診断と細胞診断、病理解剖を柱に業務を行っています。

 従来は臨床科で採取された検体に対して組織診断で確定診断を行う、また細胞診でスクリーニングを行うといった診断業務と病理解剖が中心をなしていました。

 現在でも組織診断が病理診断の中心ですが、病理学的検索手法の発展(免疫染色、FISH, PCR等)や分子標的薬などの新薬や治療法の登場とともに、病理診断に対して治療薬の選択や治療効果判定といった新しい分野まで求められるようになりました。

 細胞診断においても採取法の発達や診断技術の向上によりスクリーニングのみならず、化学療法や手術を行う根拠となるなど病理診断における重要度はますます高まっています。

 このように病理診断科はほぼすべての診療科から提出される検体に対してスクリーニングから診断、治療方針の決定、治療効果・予後判定まで多岐に渡って携わっており、正確な病理診断は適切な治療に必要不可欠と言えます。にもかかわらず、現状病理専門医は日本全国では2000人程度であり、深刻な人手不足の状況です。病理医を志す先生方が非常に求められています。

一般目標

・検体の取り扱い(肉眼診断・切り出しなど)について理解し、取扱い法を習得する。

・標本(細胞診・組織、凍結標本など)の作製法について理解し、その手技を習得する。

・検体の病理診断を理解し、指導医の監督下に実践する。

・病理解剖の手技を理解し、指導医の監督下に実践する。

・病理解剖の診断書を作成し、臨床病理検討会(以下CPC)で提示する。

・免疫組織化学染色、電子顕微鏡などの特殊検索の手技・評価方法を習得する。

個別目標

・検体の固定・切り出しを行う。

・組織標本を作製し、染色を行う。

・細胞診検体の固定・染色を行う。

・凍結標本の作製と染色を行う。

・凍結標本の診断について指導医と検討し、術中迅速診断を実践する。

・指導医の監督下で、生検材料、外科手術材料の診断を習得する。

・指導医の監督下で病理解剖を行う。

・担当した症例について、剖検診断書を作成する。

・CPC、各種カンファレンスにて症例提示を行う。

・組織・細胞標本の診断を理解し、写真撮影技術を習得する。

    当院病理診断科レジデントの特徴

      ・常勤病理医6名に加え、多くの非常勤病理医を迎えており、スタッフが充実しています。

      ・基本的には初期研修2年間を終えて病理医を目指そうとする方を対象としていますが、臨床医から病理医に転向する先生も多く、臨床的な背景を熟知していることは病理診断においても遺憾なく発揮されます。

      ・大学病院であり基本的に臨床全科が揃っているので、多彩な症例を経験することが可能です。スタッフの専門領域は多岐に渡っており偏らない研修を受けられます。特に腎、骨軟部、消化管領域については広く指導を受けることが出来ます。

      ・年間約8000件の組織検体、約8000件の細胞診検体が提出されており、量的質的にもバランスよく経験できます。また、当院において提出される機会の少ない検体については関連の病院で研修を行うなど、柔軟に対応しています。

      ・女性医師が現在2名常勤で勤務しています。職場自体が家庭を持つ女性の就業に理解があり、比較的働きやすい環境です。

      ・病理医間及び病理医と臨床検査技師間の連携・協力体制が良好です。業務に関する様々な事項を常に話し合える環境にあります。

      ・研修前の時点での病理学の知識の多寡は問いません(現在活躍している病理医の中でも学生時代に病理学が得意ではなかった、という人は少なくありません)。

      ・第一には病理専門医・細胞診専門医の資格取得することを目指しますが、その過程で興味のある分野を選び、臨床病理学的な研究や、提出された病理検体を用いた免疫組織化学法、電子顕微鏡観察、遺伝子解析などの研究・検討にも参加することも可能です。また希望に応じて大学院に進み、病理学・病理診断学のより深い研究を行うことが出来ます。

      ・見学も随時受け付けています。

        カンファレンス

        ・当院内でも乳腺カンファレンスを始めとして、臨床科とのカンファレンスや病理診断科内のカンファレンスが多く行われています。

        ・年に3回病院CPCを行っており、剖検症例について臨床医と活発な議論を行っています。

        研究・学会活動について

        ・臨床科との共同研究も行っており、学会、研究活動も行っています。

        ・当院は都内まで電車で30分程度の距離にあり行くことができ、都内で行われる学会、研究会などに参加しやすい環境です。

        取得できる資格

        一般的に病理医として必要な以下のような資格を取得することが出来ます。

         

        ・死体解剖資格

        当院病理診断科は厚生労働省の死体解剖資格申請の認定施設です。2年以上解剖に関連する研究・教育業務に従事し、かつ直近の5年以内に5体以上につき解剖補助の業務に従事するとともに、15体以上について自ら主として解剖を行った後に申請します(病理を専攻する医師の場合です。詳細な要件はリンク先を参照してください)。

        (死体解剖資格の認定申請手続http://shinsei.e-gov.go.jp/search/servlet/Procedure?CLASSNAME=GTAMSTDETAIL&id=4950000002860&fromGTAMSTLIST=true&SYORIMODE=

        ・病理専門医

        当院病理診断科は日本病理学会認定研修施設であり、最短で3年間の研修で受験資格が得られます。2015年現在、資格要件が大きく変更される可能性があり、最新の情報については病理学会のホームページを参照してください。

        (日本病理学会:http://pathology.or.jp/

        ・細胞診専門医

        当院病理診断科は日本臨床細胞学会認定研修施設です。最短5年間の研修で受験資格が得られます。詳細は日本臨床細胞学会のホームページを参照してください。(日本臨床細胞学会:http://info.jscc.gr.jp/jimukyoku/jimukyoku.htm

        身分について

          ・後期レジデントとしての期間は2年間で、その間は病院の規定により給与の支給や休暇が保証されています。

          ・研修プログラム3年次以降は当院のポジションの状況及び本人の希望により助教あるいは大学院生として残ることが可能です。また希望に応じて海外留学を紹介することも可能です。

            時間外業務について

            日曜日・祝日の業務は原則としてありません。また、当直業務はありません。