越谷病院 臨床研修医募集

看護師募集

腎・予防医学センター

越谷病院女性医師支援センター

越谷病院 新病院棟建設事業

小児外科

小児外科 サイトへ

概要

小児外科におけるレジデントプログラムでは小児を対象とした外科的疾患の診療に従事し、手術の実際を体験することにより小児外科疾患の病態を理解・把握することを目的とする。さらに手術の適応の判断と術式の選択を行い、適切な術前・術後管理ができるように小児外科学の基礎を学ぶ。また実際に手術の執刀や第一助手を担当し、基本的術式を身につけるよう経験を積むことも目標とする。

プログラムの内容

1)1年目

2)2年目

プログラムで経験する症例

レジデントの週間スケジュール

午    前午      後
病棟、術前管理 検査(消化管透視、消化管内圧検査など)
手術 手術、術後管理
外来、病棟 検査(消化管透視、消化管内圧検査、超音波検査など)
病棟、術前管理 病棟
手術 手術、術後管理、病棟カンファ
外来、病棟

プログラム修了の評価と認定

レジデントは毎月、研修実績(検査、手術など)をまとめた月報を指導責任者に提出する。研修実績は指導責任者、臨床研修教育委員会及び病院長の審査・評価を経て、レジデントプログラムの修了が認定される。

プログラム修了後のコース

高度な専門医療を担える小児外科専門医として自立できるよう継続して研鑽を積むことを目的に、プログラム修了後、小児外科の助手として診療に従事することができる。またこの間、日本外科学会専門医の取得を目的に、一般外科臨床研修を当科関連施設にて行う(1~2年間)。日本小児外科学会専門医、同指導医、学位の取得、国内・海外留学を視野に入れ診療・研究・教育活動を行う。

【参考:小児外科専門医取得の申請資格(抜粋)】

専門医になるには、日本小児外科学会が認定した施設で研修する必要があるが,卒業年次や医師国家試験合格年次などの制限はない。

申請条件(2010年度版)

  1. 日本国の医籍を有すること
  2. 認定施設において,小児外科の研修を研修医として通算3年以上行っていること
  3. 外科医として7年以上(うち5年以上は臨床研修とする)の経験を有すること
  4. 外科専門医あるいは日本外科学会の認定医の資格を持つこと
  5. 小児外科に関する筆頭者としての研究論文および症例報告を,それぞれ1篇以上,およびその他の論文を3篇以上発表していること.ただし,筆頭論文のうち1篇は日本小児外科学会雑誌に掲載されていること
  6. 学会,地方会または研究会において,小児外科に関する発表を,演者として3回以上行っていること
  7. 別に定める臨床経験を持っていること
  8. 申請の時点で,引き続いて3年以上本学会々員であること
  9. 本学会の行う筆記試験に合格していること