助産学専攻科概要

母子保健活動および助産実践活動を通して社会に貢献し、社会から信頼される助産師の育成を行います。

教育理念

獨協医科大学の建学の精神は「患者さんおよびその家族、医療関係者をはじめ、広く社会一般の人々から信頼される医師を育成する」ことをその教育の基本理念としています。
助産学専攻科は、この建学精神に基づき、豊かな感性と確かな専門知識、優れた判断能力および専門的技術を身につけ、高い実践能力を発揮できるよう教育し「母子保健活動および助産実践活動を通して社会に貢献し、社会から信頼される人材を育成する」ことを教育理念としています。

教育目標

次のような能力と技能および人間性を備えた助産師を育成することを目標とします
  • 科学的な知識を活用して、根拠に基づく助産が実践できる能力を養う。
  • 女性・子ども・家族の力を引き出し、一つひとつの生命と家族の誕生・成長・発達を助け促す助産が実践できる能力を養う。
  • 広い視野と豊かな感性をもち、助産の対象を多面的にトータルに理解し共感する能力を養う。
  • 保健・医療・福祉におけるチームの一員としての自覚をもち、多職種者と協働しながら、助産師の役割を追求する姿勢を養う。
  • 生涯にわたり専門職としての自覚と責任をもって主体的に考え、学習する能力を養う。
  • 助産学の発展や質の高い助産に貢献することができる助産実践能力を培う。

助産学専攻科の特色

もっと深く、さらに高く、そして温かく。
私たちだからできる、看護教育があります。

ディプロマポリシー(助産学専攻科の終了認定方針)

助産学専攻科の修了認定方針です。