カリキュラム

良医としての豊かな人格形成を図り、主体的な学習能力を高めます

高度化・細分化する医学・医療や社会のニーズに対応した6年間一貫のクサビ型教育カリキュラムを展開しているのが獨協医科大学の大きな特徴です。
全国医科大学・医学部共通の「医学教育モデル・コア・カリキュラム」を基本とし、「コミュニティーヘルスインターンシップ(地域医療早期体験実習)」や「PBLテュートリアル」、4学年における「症例演習」など、本学ならではの講義、実習なども随所に盛り込んでいます。
人間性豊かな医師の育成と個人の能力啓発に重点をおいたカリキュラムを構成しています。

医師への道、医学研究者への道。卒業後の様々な進路に対応します

卒業後の進路には、研修医を経て医師としての道を歩むほか、医学の専門分野をさらに高度な次元で学ぶ大学院があります。本学の大学院は、充実した設備とスタッフのもと、医師としての使命をさらに自覚し、将来各分野で指導的な役割を果たす人材を育成すべく対応しています。