履修・終了要件

履修方法

  • 学生は定められた授業科目について30単位以上を履修し、かつ、学位論文を提出して、その審査及び最終試験に合格しなければならない。
  • 授業科目の単位は、原則として前半2年間において履修するものとする。
  • 履修する授業科目の選定は、指導教授の指示に従うものとする。
  • 指導教授が研究指導上必要と認めたときは、他の専攻分野の科目を履修することができる。

履修の認定

  • 授業科目履修の認定は、筆記又は口述による試験その他の方法により、当該授業科目担当教授が、前期末又は学年末に行う。

成績の評価

  • 成績の評価は100点満点とし、次の4段階に分けて、60点未満を不合格とする。
    優(80点以上) 良(80点未満~70点) 可(70点未満~60点) 不可(60点未満)

単位の授与

  • 履修した科目の試験等に合格した者には所定の単位を与える。

課程修了の要件

  • 課程修了の要件は、研究科に4年以上在学して必修科目24単位及び選択科目6単位以上計30単位以上を修得し、かつ、必要な研究指導を受け、学位論文の審査及び最終試験に合格することとする。
  • 前項にかかわらず、優れた研究業績をあげた者で所定の要件を満たした場合は、3年以上の在学年数とすることができる。