令和3年度 大学院医学研究科研究医養成プログラム

目的

本学医学部では研究マインドの涵養に向けて「医学研究室配属」を開設し、全学年で履修可能なカリキュラムが構築されている。
本プログラムは、この研究医養成教育の理念をさらに発展させ、研究医を志望する学生に対して学部から大学院まで切れ目ない研究教育の機会を提供することにより、実践的研究遂行能力、健全な研究倫理観および基礎医学的な教育能力を有する医師あるいは歯科医師を養成することを目的としている。本プログラム履修者は初期臨床研修を行いながら大学院に在籍して研究活動を続け、効率的かつ早期に研究医を目指すことができる。

出願要件

従来の大学院入学資格に加え、下記の要件を全て満たすこと

  • 大学の医学部医学科または歯学部歯学科を卒業した者、及び令和3年3月に卒業する見込みの者。
  • 令和3年3月に医師国家試験または歯科医師国家試験に合格する見込みであること。
  • 出願時に、「医学研究室配属」を2年間以上履修済みあるいは履修見込みであり、配属講座の主任教授による履修証明書と推薦書を提出すること。他大学の卒業生は、同等の履修歴を示す証明書と当該履修の指導教授の推薦書を提出すること。
  • 筆頭著者または共著者として、査読付き論文(和文も可)が一報以上受理されていること。

概要

  • 初期臨床研修を行いながら大学院医学研究科に在籍できる。
  • 専攻分野は形態学系・機能学系・社会医学系(リハビリテーション科学は除く)に限る。