創立50周年記念事業について

ごあいさつ

獨協学園は、1881(明治14)年に創立された獨逸学協会をその起源としており、140有余年の歴史を有する我が国でも有数の伝統ある学園であります。そして現在は、獨協大学、獨協医科大学、姫路獨協大学の3つの大学、獨協中学・高等学校、獨協埼玉中学高等学校の2つの中学高校を有する大規模な学園に成長いたしました。

その中、獨協医科大学は1973(昭和48)年4月に栃木県壬生町の地に開学し、2023(令和5)年4月に創立50周年を迎えることになります。この間、本学は、日本医学界の重鎮を数多く輩出した学園の伝統を受け継ぎながら、人間性豊かで優れた医療人を養成し、これまでに医学・看護学の分野に9千名を超す卒業生を送り出してまいりました。また、大学院医学研究科、医学部医学科、大学院看護学研究科、看護学部看護学科、助産学専攻科、附属看護専門学校、附属看護専門学校三郷校並びに3つの附属病院を擁する日本有数の医科大学としての地位を確立するに至っております。

学校法人 獨協学園 理事長 獨協医科大学 学長 吉田 謙一郎
学校法人 獨協学園 理事長
獨協医科大学 学長
吉田 謙一郎

なお、附属3病院についても、地域の人々に信頼される地域の中核病院として順調に発展してまいりました。1974(昭和49)年には医科大学に隣接して大学病院を開院し、その後、1984(昭和59)年には埼玉県越谷市に越谷病院(現:埼玉医療センター)を開院、2006(平成18)年には栃木県日光市に日光医療センターを開院いたしました。これにより、総数で約2,300床の病床数を有するまでに発展してまいりました。また、大学病院は、2005(平成17)年には最新のがん診断装置PETを設置し、さらに、2010(平成22)年にはドクターヘリの運航が開始され、最先端設備を整えた北関東におけるメディカルセンターとして地域医療に大きな役割を果たしております。

埼玉医療センターでは、2017(平成29)年11月の新棟竣工に併せて名称変更しました。200床増床を経て許可病床数が923床となっております。新棟の特徴は、手術支援ロボット「ダビンチ」やハイブリッド手術室、CT併設の手術室等であり、高度医療の提供が可能な設備を取り揃えております。現在、周年事業でもある増築計画に着手しております。

また、日光医療センターでは、国際観光都市日光の基幹病院として、許可病床199床にて地域が求める急性期医療と高度医療に貢献しておりますが、立地上の問題、施設老朽化や教職員確保の問題、急激に少子高齢化が進む県西地域の地域医療面における課題等を見据え複合的に判断した結果、日光産業団地への移転計画を立案し、現在2022(令和4)年度の開院に向けて着実に計画を進めております。

これもひとえに、学生のご父母の皆様、同窓の皆様、取引先関係の皆様をはじめとした関係各位のご支援と大勢の教職員のご努力あってのことと、心より感謝申し上げます。
この度の創立50周年を契機に、本学のさらなる飛躍を目指し、教育、研究及び地域医療への貢献をこれまで以上に充実、発展させてまいります。今後とも変わらぬご支援、ご助力を何卒よろしくお願い申し上げます。

2022(令和4)年1月

獨協医科大学創立50周年記念事業資金の募集について

本学は、創立50周年を機に、建学の精神を踏まえ、これまで培ってきた実績を継承しながら、優秀な医師・看護師等を輩出し地域医療への貢献をこれまで以上に発展させるため、教育・研究関係の施設を主とするキャンパス再整備計画を策定しております。創立50周年記念事業(寄付対象事業)としては、高度・先進化する医学・看護学教育に対応するため、より良い教育研究環境整備に重点を置いた「総合教育研究棟(仮称)」の新築を計画しております。(ICT技術を活用した教育環境の整備)

この記念事業を完遂するためには、多額の資金を要することになります。大学としても様々な自助努力を行いつつ着実に実施してまいりますが、大学だけの力では限界があると言わざるを得ません。そこで、創立50周年記念事業の資金について、本学の同窓生、学生のご父母、教職員、退職された教職員の方々、企業の皆様方にご協力をお願いする次第であります。

現在の厳しい社会情勢の折、誠に恐縮ですが創立50周年記念事業の趣旨と本学のおかれております状況をご理解いただき、「創立50周年記念事業資金」の募金にご協力・ご賛同を賜りますよう、衷心よりお願い申し上げます。

シンボルマーク

50th Dokkyo medical University

本学はこれまでに培ってきた伝統を礎に未来永劫輝き続ける大学です。創立50周年を迎えるにあたり、創造、新たなる挑戦をし続ける決意として、50の数字に無限(∞)の可能性を表現しました。また、本学の象徴となっている桜、銀杏を盛り込んだカラフルなデザインとなっています。

コンセプト

信頼される医療人と未来を拓く硏究者の育成を目指して
~伝統と創造 新たな挑戦~

本学は、獨協学園の教育理念である「学問を通じての人間形成」を建学の精神として1973年(昭和48年)に開学しました。
創立50周年を迎えるにあたり、教育理念の「広く社会一般の人々から信頼される医師および看護師の育成」を更に進める形で、「信頼される医療人と未来を拓く研究者の育成」をコンセプトに掲げました。
「伝統なき創造は盲目的であり、創造なき伝統は空虚である」
獨協学園中興の祖 天野貞祐先生の言葉を忘れることなく、次なる100周年に向けて新たな挑戦をしていきます。

50周年記念事業のイメージ図

50周年記念事業のイメージ図

獨協医科大学創立50周年記念事業

  1. 総合教育研究棟(仮称)の新築 ※寄付対象事業
  2. 看護系教室等の増築
  3. 埼玉医療センターの増築
  4. 日光医療センターの移転新築

※寄付対象事業については、学生への教育研究環境整備を柱とした事業を計画しております。

募集概要

名称
獨協医科大学創立50周年記念事業の募金
目的
本学の建学の精神を踏まえて、教育・研究・診療を飛躍的に発展させるとともに、これからの医学・医療を担う人材を育成することで医療の発展と地域医療の充実に貢献する。
募金目標金額
10億円
ご協力をお願い
する金額
個人
1口 3万円 1口以上
金額・口数に関わらず、貴重な寄付のご意志の顕れとして、ありがたく賜ります。
企業・法人
1口の金額は特に設定しておりません。
募集期間
令和4年(2022年)1月1日~令和6年(2024年)12月31日
申込方法
個人での寄付【特定公益増進法人寄付金】

個人で本学にご寄付される場合「特定公益増進法人寄付金」の取り扱いとなります。
獨協医科大学創立50周年記念事業 寄付申込書」に必要事項をご記入の上、「獨協医科大学創立50周年記念事業推進室」宛にご送付ください。

税制上の優遇措置についてはこちら

法人での寄付【受配者指定寄付金】または、
【特定公益増進法人寄付金】

法人で本学にご寄付される際に「受配者指定寄付金」の取り扱いを選択される場合、獨協医科大学創立50周年記念事業 寄付申込書 と併せて、事業団宛ての寄付申込書(様式1-1) に必要事項をご記入の上、2通を「獨協医科大学創立50周年記念事業推進室」宛にご送付ください。

また、「特定公益増進法人寄付金」を選択される場合、同上(個人での受付)の手続きとなります。

税制上の優遇措置についてはこちら

払込方法
所定の振込用紙に必要事項を漏れなくご記入の上、指定の銀行(足利銀行、栃木銀行、みずほ銀行)からお払い込みください。

※上記指定銀行の本支店からお払い込みいただく場合は、振込手数料免除の取り扱いを受けております。

寄付に関するお問い合わせ先
獨協医科大学創立50周年記念事業推進室(企画広報部内)0282-87-2107