ホームカミングデイ

毎年、宣誓式が行われた午後に開催しています。同窓生が旧友や懐かしい恩師と再会し旧交を温める場に、在校生は卒業生との貴重な交流の機会として、そして何より「母校に帰ってきていただきたい」という思いを込めた企画です。卒業生の皆さんのご参加をお待ちしております。

第4回ホームカミングデイ

令和3年11月13日(土)に、第4回ホームカミングデイを開催しました。
今年度も、昨年に続きオンラインでの開催となりました。当日は45名の卒業生、在校生、教員に参加していただきました。
新卒者の語りから、困難なことを経験しながらも前向きに日々を過ごしている様子が伝わってきました。さらに、がん看護専門看護師、臨床での経験から納棺師の資格を取得した2名の卒業生にも語っていただきました。
卒業生のみなさんは、成長とともにさらに看護や社会について多方面から考えることが増えていくと思います。それはわくわくすることよりも困難であることのほうが多いかもしれません。自分の進むべき道がわからくなった時や迷った時には、ふと立ち止まり、みなさんが学んだこの大学のことを思い出してください。看護職者としての原点を確認したり、成長した自分や仲間との時間は、キャリアアップに向けての道標となるかもしれません。キャリア支援として、今年度は大学側からも、地域共創センターの取組み、大学院の紹介を行いましたが、今後も卒業生のキャリアアップに向けた発信の場として生かしていきたいと思っています。
現在から未来を創造するのはみなさんです。チャレンジすることをおそれず、これからもみなさんの力が十分に発揮されることを期待しています。ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

令和3年度 第4回ホームカミングデイ
令和3年度 第4回ホームカミングデイの様子

第3回ホームカミングデイ

令和2年11月14日(土)に、第3回ホームカミングデイを開催しました。
今年度は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点からオンラインによる開催となりました。当日は53名の卒業生や在校生、教員の方々にご参加いただき、オンラインとはいえ、夢と希望と笑顔の溢れる貴重な時間を過ごすことができました。
今年度からの新たな取り組みとして、新卒者や卒業生の方々の語らいの場を設け、卒業生、在校生、教員が交流できるプログラムを用意しました。お陰様でプログラムは好評であり、来年度も参加したいという意向を多くいただいております。
医療は日進月歩、しかもニューノーマルが求められている現在にあって、今までにない騒々しい日々を過ごしていると思います。そのような日々にあって獨協医科大学看護学部に戻ってくることは、看護職者としての原点を確認し成長した自分や仲間と邂逅できる時間、キャリアアップに向けての道標となるかもしれません。皆さまのさらなるご発展をお祈りし、来年の再会を心待ちにしております。ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。

令和2年度 第3回ホームカミングデイ
令和2年度 第3回ホームカミングデイの様子

第2回ホームカミングデイ

令和元年11月9日(土)に、第2回ホームカミングデイを開催しました。今回より獨協医科大学看護学部との共催企画とし、同日に同窓会総会も開催しました。参加者総数は55名と、1期生をはじめ、昨年度の卒業生を中心に多くの方々にお越しいただきました。

今後はより同窓会と連携を図りつつ、豊かな会に発展していくことを期待しています。 来年も11月の第2土曜日に開催する予定です。多くの卒業生のご参加をお持ちしています。 今回ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。

  • 令和元年度 第2回ホームカミングデイ
    第1期卒業生達も多数参加してくださいました。家族連れでの参加も大歓迎です。
  • 令和元年度 第2回ホームカミングデイ
    こちらは第9期卒業生達の様子です。7か月ぶりの再会に会話も弾みました。
  • 令和元年度 第2回ホームカミングデイ
    時が経つのも忘れ、卒業生と現教員との間で活発な交流がなされました。

第1回ホームカミングデイ

平成30年度 第1回ホームカミングデイ
平成30年度 第1回ホームカミングデイの様子