3つのポリシー

本学部は上記の3つのポリシーに基づいて教育を行っています。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

教育目標に基づき、以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した学生の卒業を認定する。

  1. 豊かな感性と倫理観に基づく看護を実践できる。
  2. 看護の対象を総合的に理解し、科学的な知識・技術に基づいた看護を実践できる。
  3. 保健・医療・福祉チームの一員として、看護の役割と責任をもって協働できる。
  4. 主体的学修能力を身につけ、看護の発展や質の向上に貢献できる。
  5. 国際的視野を持ち看護を実践できる。

カリキュラムポリシー(教育課程の編成・実施方針)

教育理念・教育目標を受け以下のような方針に基づきカリキュラムを編成・運営している。

カリキュラムの構成
本カリキュラムは、「人間」「健康」「看護」「環境」「学習(教育)」の5つの概念で構成する。「人間」は発達の側面から、「健康」は全ての健康レベルの側面から、「環境」は生活の場の側面から、それぞれ「看護」を捉える。また、「学習(教育)」は専門職としてのキャリア発達の基盤として捉える。人間は、成長・発達を続ける身体・心理・社会的側面を持った統合体として理解し、健康の維持増進期から終末期にいたる健康レベルと多様な看護提供の場における看護実践能力を修得できるように、〈基礎科目〉〈専門基礎科目〉〈専門科目〉を系統的・段階的に配置する。
科目および領域の区分
  1. <基礎科目>では、人間の理解に重点を置くために、[人間と文化][人間と環境][人間と社会][人間と言語]の4領域を置く。さらに、大学教育における学び方を修得し、キャリア発達の基盤にするために[アカデミックスキル]の領域を置く。
  2. <専門基礎科目>では、健康な生活を支える社会と医療のしくみと看護の対象を総合的に理解する基盤となるよう、[社会と医療のしくみ][生命と発達]の領域を置く。また、健康障害とその治療を理解する基盤として[健康障害と治療]の領域を置く。
  3. <専門科目>では、看護学の基盤となる考え方や援助方法についての科学的根拠を学ぶために、[看護の基盤となる科目][看護実践を支える科目]の領域を置く。さらに、知識・技術・態度の統合を図り看護実践能力を育成するために[看護実践科目]の領域、多様なキャリア発達の可能性を涵養するために[看護の統合と発展]の領域を置く。
ディプロマポリシーに基づいた科目の配置
  1. 豊かな感性と倫理観に基づく看護を実践するために、<基礎科目>の[人間と文化]に「哲学」「文学」「芸術」「心理学」「生命倫理学」、[人間と社会]に「日本国憲法と人権」「人間と歴史」「社会学」「人間関係論」、[人間と言語]に「トータルコミュニケーション」、<専門科目>の[看護の基盤となる科目]に「看護倫理」を配置する。
  2. 看護の対象を総合的に理解し、科学的な知識・技術に基づいた看護を実践するために、<基礎科目>の[人間と環境]に「生活環境論」「人間工学」、<専門基礎科目>の[生命と発達]に「人体の構造Ⅰ・Ⅱ」「人体の機能Ⅰ・Ⅱ」、[健康障害と治療]に「病態治療学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ」を配置する。さらに、<専門科目>に[看護の基盤となる科目][看護実践を支える科目][看護実践科目]を配置する。
  3. 保健・医療・福祉チームの一員として、看護の役割と責任をもって協働するために、<基礎科目>の[人間と社会]に「スポーツと健康」、<専門基礎科目>の[社会と医療のしくみ]に「関係法規」「チーム医療論」、<専門科目>の[看護の統合と発展]に「災害看護学」を配置する。
  4. 主体的学修能力を身に着け、看護の発展や質の向上に貢献するために、<基礎科目>の[人間と社会]に「教育学」、[アカデミックスキル]に「情報リテラシー」「基礎ゼミナールⅠ・Ⅱ」、<専門科目>の[看護の統合と発展]に「看護管理」「看護専門職論」「総合実習」「看護研究方法論」「卒業研究」を配置する。
  5. 国際的視野を持ち看護を実践するために、<基礎科目>の[人間と文化]に「文化人類学」、[人間と環境]に「地球環境論」、[人間と社会]に「国際社会の動向」、[人間と言語]に「英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ」「中国語」「ドイツ語」、<専門科目>の[看護の統合と発展]に「国際看護学」を配置する。
学修成果の評価
学修成果の評価は、授業の進度に合わせてシラバスに明示された到達目標と成果を示す小テスト・定期試験・レポート・グループワークや授業への参加状況、実習評価等を含め、多様な方法で総合的に行う。加えて、学生自らの授業への取り組みの主観的評価、学生の学修状況や授業評価を活用して教育方法の改善につなげていく。

アドミッションポリシー(看護学部入学者受入方針)

獨協医科大学看護学部では、教育研究上の理念及び教育目標を掲げ、これを達成するためにアドミッション・ポリシー(入学者受入方針)を定めています。

  1. 看護職者を目指す意志を明確に持っている人
  2. 看護学を学ぶ上で必要な基礎学力を有する人
  3. 人間・健康・環境や人々の生活に関心がある人
  4. 他者と協調し、信頼関係を築くことのできる人
  5. 自ら考え意見を表現するとともに、他者を尊重することのできる人
  6. 地域社会や国際社会に貢献する意欲のある人

さらに、看護学部3年次編入学者においては、次のような学生を求めています。

  1. 学士を目指す高い志を有し、公衆衛生看護学を学ぶ意欲のある人
  2. 看護学における基本的知識を有し、科学的、論理的思考のできる人
  3. 看護の発展を通して、広く社会への貢献が期待できる人