透析部

外来受付電話:0288-76-0624
FAX:0288-76-0624

部長
川本 進也

部署の特色

 透析部では25床のベッドを有し、腎臓専門医・透析専門医、看護師、臨床工学技士、栄養士、理学療法士が連携をとりながら、透析を行っています。透析の新規導入とともに、多くの合併症を持つ患者さんを治療しています。

 血圧が不安定な患者さんに対して循環系に負担の少ない血液濾過透析や、閉塞性動脈硬化症に対しLDLアフェレーシス療法、敗血症に対してエンドトキシン吸着療法など、様々な血液浄化療法を各診療科と連携し行っています。

 血液透析患者さんには、定期的なシャントエコーを実施し、シャント狭窄の早期発見やシャントPTA後の血流状態のチェックなども行っています。

 令和3年より透析情報管理システムを導入しており、安全で効率的な透析治療を実現しています。QOLの向上と生命予後の改善に向けて、リハビリや栄養指導を積極的に行なっています。その他、定期的な足の観察やフットケアを通じて、維持透析患者さんの足病変の発見と進行予防に努めています。      

 慢性腎臓病の治療選択として、血液透析・腹膜透析・腎臓移植があり、患者さんに合った治療法を選ぶために、意思決定支援をしています。腹膜透析指導看護師による腹膜透析の管理を行っており、患者さんが適切な在宅治療を行えているか遠隔モニタリングなども行いながら、腹膜透析患者さんの支援を行っています。また、腎移植を希望される患者さんには、獨協医科大学埼玉医療センターと連携を図りながら、腎移植を受けられるように支援しています。

資格取得

  • 腎臓専門医
  • 透析専門医
  • 認定血液浄化臨床工学技士
  • 体外循環技術認定士
  • 認定集中治療関連臨床工学技士
  • 透析技術認定士
  • 腎代替療法専門指導士
  • 慢性腎臓病療養指導看護師
  • 腹膜透析指導看護師