共同利用のご案内

医療機器共同利用とは

『検査のみ』を必要とする患者さんに当院の検査機器を活用していただくシステムです。以下の検査機器がご利用できます。

当院で共同利用できる医療機器
  • MRI(1.5T)
  • CT(64列マルチスライスCT)

MRI、CTとも「単純撮影」のみのご利用とさせていただきます。
造影剤などを使用する場合は、「診療情報提供書」での対応となります。

医療機器共同利用の利点
  • 地域の先生方の医療機器の一部としてご活用可能です。
  • 費用は検査費用のみで、診断料等は貴施設で保険算定できます。
    (当院で読影した場合、診断料の費用も貴施設へ請求させていただきます。)
医療機器共同利用のための契約について
  • 契約をお申込みいただければ、当院より契約書等を持参させていただきます。
  • 契約書をご確認のうえ、署名・捺印をいただき当院へ返送いただければ契約完了です。
検査依頼について
  • 契約医さまより患者さんの希望日、希望時間などを確認して当院の地域連携・入退院支援センターにお電話ください。
    【地域連携・入退院支援センター:電話:0288-76-1717 FAX:0288-76-1700】
    担当者がご希望日を伺い、その場で予約状況を確認します。
  • 患者さんに必要事項を説明の上、問診票を作成していただきます。完成後、申込書・問診票をFAXしてください。
  • 契約医さまは、患者さんに予約日等をお伝えいただくとともに、必要事項の説明をお願いいたします。なお、問診票は検査当日患者さんがご持参いただき、受付後撮影を行います。
検査当日の流れ・結果報告について
  • 1F受付「2番」にて受付を済ませてください。

    原則、当院では診療行為を行いませんが、体調不良などを考慮し、念のため保険証をご持参願います。

  • 受付後、放射線科受付に声をかけてください。準備が整いましたら放射線科スタッフがご案内いたします。
  • 検査終了後、患者さんはそのままお帰りいただきます。
  • 『読影レポート』を希望される場合
    当院の放射線担当医が読影を行い、紙面にてレポートを作成いたします。
    読影結果と画像CDは、原則撮影日から3診療日以降に郵送いたします。
  • 『読影レポート』を希望されない場合
    撮影終了後、画像CDを作成し、当日または翌日に郵送いたします。
医療機器の利用料金・保険請求について
  • 原則、画像CD送付時に利用料金請求書・内訳書を同封いたしますので、出来る限り請求月内にお振込願います。
  • 契約医さまは、内訳書に基づき、患者さんへ自己負担金の請求及び保険請求を行っていただきます。

保険請求は、当院の施設基準に準じて算定いただけます。なお、レセプトには必ず「画診共同」と記載願います。

医療機器利用時の注意事項
  • MRIは体内金属(ペースメーカー、インプラント等)がある場合及び刺青などは対象外とさせていただきます。その他の留意事項につきましても、契約医さまより患者さんへ必ず説明して下さい。
  • 検査日・検査時間に患者さんが来院されない場合は、キャンセル扱いとして契約医さまあてに連絡させていただきます。
  • 検査中に体調不良などが生じた場合は、当院で保険診療を行う可能性があります。
  • 当日の患者さんの体調や、問診票に記載されていない問題が生じた場合、当院の判断で検査を中止させていいただく場合があります。
  • 冠動脈スクリーニングCT検査について
    これまで地域医療機関の先生方にご利用いただいておりました「冠動脈スクリーニングCT検査」につきましては、今後も同様に実施いたしますのでご活用いただきますようお願い申し上げます。