看護学研究科の特徴

社会人の就学に関する配慮

現在医療機関等で働いている看護職者の質向上に貢献する目的で社会人受け入れに対応しています。そのため、大学院設置基準第14条に定める教育方法の特例を用いて、必要時応じ、夜間開講、集中講義を導入するとともに、長期履修制度を導入し在職のまま学ぶことができるよう配慮します。

長期履修制度

職業を有している等の事情により、標準修業年限(2年)での修学が予め困難であることが見込まれる場合は、標準修業年限を超えて一定の期間(3年間)までの、計画的的な教育課程の履修を認めます。
この場合、2年を超えた授業料の支払いは不要です。

科目等履修生

看護学研究科の所定の授業のうち、一部の科目について履修することを志願する者は、選考のうえ、科目等履修生として入学することができます。

研究生制度

所定の手続きを行い、研究生として在籍し研究指導を受けることができます。