カリキュラムポリシー
(教育課程の編成・実施方法)

  • 高度専門職業人としての看護実践者、看護管理者、看護教育・研究者を育成するために、共通科目、専門科目、研究科目を設定する。
  • 論文コースの共通科目は、専門科目の基盤となる、保健医療福祉の動向や統計、研究、倫理に関する科目を設置する。
  • 論文コースの専門科目は、看護学の基盤となる学識を養う基盤機能看護学と、科学的根拠に基づく看護実践に関する学識を養う実践看護学を設置する。
  • 論文コースは、研究テーマの焦点化から論文の完成と研究成果の発表までのプロセスを2段階に分けて、段階に応じた科目を設置する。
  • 専門看護師コースは、それぞれの資格認定に必要な科目を設置する。
  • 修士論文(論文コース)及び課題研究(専門看護師コース)は、複数指導教員体制で行う。
  • 長期履修制度及び昼夜開講講義、集中講義を導入し、社会人入学生の学修に柔軟に対応する。