ディプロマポリシー
(学位授与の方針)

本学研究科は、修業年限以上在籍し、所定の単位を修得するとともに、以下の素養を身につけ修士論文審査と最終試験に合格した学生に学位を授与する。

  • 高い倫理観に基づいた看護行動をとることができ、複雑な倫理的課題に対応できる調整能力を有する。
  • 最新の知見と技術を有し、根拠に基づいた高度な看護実践力を有する。
  • 総合的に看護ケアをマネジメントし、保健医療福祉チームにおいては多職者との連携・協力を調整する管理能力を有する。
  • 看護職者及び関連する多職者の中で専門的役割を発揮し、教育的役割を担う指導能力を有する。
  • 看護現象を科学的に分析・評価し、創造的な実践を開発する研究能力を有する。