薬理学

Department of Pharmacology and Toxicology

スタッフ

教授 藤田 朋恵
特任教授 安西 尚彦
准教授 児嶋 修一
林 啓太朗
大内 基司
助教 相澤 直樹
森田 亜州華
非常勤講師 柳田 俊彦
大谷 直由
技術員 舘野 里美
中舘 佐和子
前川 未央

研究方針

生体と薬の関わりについて個体、組織、細胞、分子レベルで研究する。創薬および患者個人への最適な薬物療法につながる研究を行う。

研究内容

  • 組織カリクレイン、キニンの電解質調節の解明と新規治療薬開発
  • 薬物の効果、有害反応の個体差を予測するバイオマーカー開発
  • 胃・腸管ペプチドの薬理学
  • トランスポーターを標的とした新規免疫抑制薬の開発
  • トランスポーター関連細胞内シグナル分子の同定と機能解明
  • 下部尿路の薬理学的・生理学的機能解析

教育方針

論理、倫理の両面から薬物治療、薬理研究を行える医師を育成する。そのために、薬理作用の仕組み、用量反応関係、薬効評価、薬物の適正使用、患者医師間のパートナーシップ形成など基礎薬理から臨床薬理までを一貫して教育する。

担当教科

第1学年 基礎医学研究への招待分担、リベラルスタディー分担
コミュニティヘルスインターンシップ(CHI)(地域医療早期体験実習)分担
PBLテュートリアルⅠ分担
第2学年 PBLチュートリアルⅡ分担
第3学年 薬理学、薬理学実習、医学英語Ⅲ分担
第4学年 症例演習Ⅰ、Ⅲ、Ⅴ分担
自由選択科目 医学研究室配属
大学院 薬理学、神経薬理学分担、基本医科学分担