生理学(生体情報)

Department of Physiology and Biological Information

スタッフ

教授 神作 憲司
准教授 小金丸 聡子
福島 央之
講師 加藤 永子
助教 高橋 俊光
藤木 聡一朗
特任教授 河野 憲二

研究方針

神経生理学の基礎及び応用研究として、脳情報に基づく脳の動作原理と機能の解明及び脳情報の利用に向けた研究を行う。各種イメージング手法、パッチクランプ記録等の電気生理学的手法、分子生理学的手法などを用いることで統合的に研究を展開する。

研究内容

  • 身体イメージ及び自己意識の脳内機構解析
  • 意識レベルの神経生理学的評価
  • 痛覚機構の神経生理学的研究
  • 脳情報利用によるコミュニケーションの補助
  • 運動機能補助及び回復促進

教育方針

神経生理の基礎をわかりやすく講義することを心がけている。特に臨床医学との関連を明快に示すことによって、学生の興味を高め自主的に意欲をもって勉学に取り組むことが可能となるように努めている。

担当教科

第1学年 コミュニティヘルスインターンシップ(CHI)
(地域医療早期体験実習)、基礎医学研究への招待、リベラルスタディー
第2学年 情報伝達、運動と感覚、高次脳機能、神経生理学実習、PBLテュートリアルⅡ
第4学年 症例演習Ⅰ、症例演習Ⅳ
自由選択科目 医学研究室配属