血液浄化センター

電話0282-87-2182

センター長 石光 俊彦
石光 俊彦
石光 俊彦

診療内容

  • 腎不全疾患(慢性腎炎、急性腎不全)に対する血液透析および腹膜透析
  • 膠原病、神経疾患に対する血漿交換、免疫吸着療法あるいは家族性高脂血症や巣状糸球体硬化症に対するLDL吸着療法

特徴・特色

  • 急性腎不全、慢性腎不全の急性増悪など、緊急患者さんについては、24時間体制で対応しています。
  • 1年間の血液導入患者さんは60~70名であり、サテライト関連透析施設(10以上)と密接に連携を保ち診療しています。
  • 透析室に25ベッドを所有し、1年間に約8,000回の血液透析あるいは吸着療法を行って います。さらに、重症患者さんに対応して病棟にて年間約200-300回の血液透析を行っています。
  • 腹膜透析患者さんの外来診療を行っています。
  • ループス腎炎、巣状糸球体硬化症、敗血症、高脂血症における吸着療法や自己免疫疾患、肝不全に対する血漿交換も積極的に行っています。