総合周産期母子医療センター

センター長・新生児部門長 鈴村 宏
鈴村 宏
鈴村 宏

特徴・特色

当センターは厚労省の定めた施設基準に適合し、栃木県知事が認定した総合周産期母子医療センターとして1997年1月に発足しました。全国の総合周産期母子医療センターの草分けとして、栃木県内はもとより茨城県、群馬県、埼玉県、福島県の周産期施設からも母体・新生児の搬送依頼を受けております。
センターは隣接した産科部門と新生児部門から構成されており、産科部門は母体・胎児集中治療管理室(MFICU)9床、後方病室29床、計38床、新生児部門は新生児集中治療管理室(NICU)9床、後方病室30床、計39床を擁しております。医師は計9名の専任スタッフ(産科部門4名、新生児部門5名)に加えて、産科部門は産婦人科医局から、新生児部門は小児科医局からそれぞれローテイトが組まれ産科部門8名、新生児部門8名の常勤医師が勤務しております。

診療内容

総合周産期母子医療センターの定義に基づき、常時母体、新生児を受け入れる体制を有し、合併症妊娠、重症妊娠高血圧症候群、切迫早産、多胎妊娠、胎児異常など母体または児におけるリスクの高い妊娠に対する医療、及び高度な新生児医療等の周産期医療を行っています。
産科部門では、妊娠22週以降から妊娠26週までの早産を極力防止することを目標にしておりますが、やむをえず出産に到る場合には、国内外の最新のデータに基づき、最善な時期・方法で児を娩出する努力を行っております。さらに母児に緊急事態が発生した場合には、手術部・麻酔部の協力により、帝王切開を決定後30分以内に児を娩出できる体制を整えております。 胎児異常についてはエコーやMRなどを駆使して診断を行い、新生児部門や関係各科との連携のうえ、治療方針を検討しています。
また、新生児部門では保育器および人工呼吸器を豊富に揃え、どのような疾患に対しても集中治療が可能な体制を整えております。早産低出生体重児はもとより、呼吸障害やチアノーゼを呈する正期産児、外科疾患、脳外科疾患、様々な先天異常児も含めて、新生児に出現するあらゆる疾患を対象にしています。外科系の疾患児に対しては、新生児専門の小児科医師と外科医がチームを組んで診療に当たっています。また、重症呼吸障害に対する高度医療である一酸化窒素吸入療法、低酸素性虚血性脳症に対する低体温療法を導入し、成果を上げております。
さらに両部門とも死産・新生児死亡となった両親に対するグリーフケアに力を入れております。また染色体異常や遺伝性疾患などに対する遺伝相談外来を設けて、積極的に対応しております。
また、当センターでは臨床心理士が常駐しております。早産・低出生体重で出生した児や、様々な先天異常を有した児のご両親(特に母親)に対する心理カウンセリングは、現在の周産期医療に欠かせないものになっております。臨床心理士が早期から関わることにより母親への心理的援助を行い、よりよい母児関係を築くことを目標としております。
さらに当院ではNICUのみでなく、産科病棟での出生前からのカウンセリングも始めております。

治療および成績

2017年に当センターに入院した母子のうち、緊急母体搬送122件、ハイリスク妊婦の産科外来紹介約300件、新生児搬送98名でした。
産科部門から新生児部門への入院児は208名、うち186名が搬送ないし外来紹介妊婦からの出生児でした。2017年の新生児部門総入院数306名のうち、人工換気症例66名(CACPを除く)、手術症例31名でした。出生時体重1,000g未満の児の生存率は93%(40名中37名)、1,000〜1,499gの児の生存率は100%(28名中28名)で死亡例のほとんどは先天異常を有する児でした。
母体・新生児とも、経過良好でOICU/NICU管理を必要としなくなった場合には、センター機能を有効に活用するためにも、紹介元の施設に妊婦や新生児の逆搬送(back transfer)を行っております。2017年産科部門では全紹介妊婦のうち3名を、新生児部門では17名を紹介元やその近くの施設に逆搬送/紹介致しました。ただし、状態の安定しない妊婦や新生児を、ベッドの都合で他施設に転院させることは決してありません。
両部門ともベッドを調整して、できる限り搬送のご依頼をお受けするようにしておりますが、どうしても空床がなくお受けできないことがあります。特に近年は、NICUに出生時体重1,000g未満の児の入院が多く、NICUの空きがないことが原因になっています。万が一当院でお受けできない場合には他施設と連絡をとり、入院先を確保致します。2008年4月に発足した栃木県周産期連携医療センターの集計によりますと、県内施設から搬送依頼のあった妊婦さんの99%以上が、栃木県内の周産期施設に入院できておりました。
2018年もまた、緊急の搬送依頼はできる限りお受けしますが、母体の場合、緊急母体搬送よりハイリスク妊婦の外来紹介を考慮していただけると幸いです。個々の妊婦・新生児の症状により、先生方が当センターでの治療が望ましいと判断された場合には、下記までご連絡下さい。また、「入院するほどではないが、わからないことや迷うことがある」という場合も、ご相談に応じます。
24時間、365日、いつでも対応が可能です。

ご紹介頂く医療機関のみなさまへ

入院のご連絡は

・母体搬送0282-87-2218
・新生児搬送0282-87-2217
にお願い致します。

また救急車搬送の場合、救急隊から受け入れ確認の電話が集中治療部(ICU)に繋がり、混乱することが時々あります。当センターからも各消防署にお願いしておりますが、救急車出動依頼時に上記の電話番号をお伝えいただければ幸甚に存じます。

FAX

・産科部門0282-87-2068
・新生児部門0282-86-7499
です。

産科外来へのハイリスク妊婦の御紹介は、常時可能です。詳細は産婦人科の案内をご参照下さい。
毎年2回春と秋に栃木県周産期医療研修会を開催しています。
県からの委託事業でもありますので、諸先生方のご参加をお待ちしております。

当院を受診希望の妊婦の皆様へ

当科を受診される方は、紹介状のご持参をお願いしておりますので、ご協力をよろしくお願いいたします。
なお、当院は総合周産期母子医療センターのため、ハイリスク妊娠を優先的に診療しております。
そのため紹介状をご持参された方でも、ローリスク妊娠と判断された場合は、適切な産科施設へご紹介させて頂く場合がありますので予めご了承下さい。
詳細は産婦人科外来へお問合せ下さい。ご協力の程を宜しくお願い致します。

産婦人科外来受付
電話受付時間/平日14:00〜16:00
電 話/0282-87-2211(直通)