低侵襲治療センター

低侵襲治療
センター長
徳本 直彦

診療内容

獨協医科大学埼玉医療センターは、平成29年11月の4号館新棟オープンに伴いダヴィンチXiを導入致しました。平成29年12月から泌尿器科でロボット支援下内視鏡手術(ロボット手術)を開始し、年間150例ペースで順調に稼働中です。平成30年3月31日までは、ロボット手術は泌尿器科領域の腎悪性腫瘍と前立腺悪性腫瘍の2疾患に対してのみ保険適用となっていましたが、平成30年度診療報酬改訂に係り4月1日以降は新たに12手術項目が追加となり、現在合計14手術項目が保険適応となっております(資料1参照)。以上に伴いロボット手術および内視鏡的外科手術を安全に行うために埼玉医療センターに新たに低侵襲治療センターが設立されました。

診療実績

(2017年12月〜2019年8月)
泌尿器科ロボット支援下手術 130件
産婦人科ロボット支援下手術 10件
外科ロボット支援下手術 30件
呼吸器外科ロボット支援下手術 3件

特色

  • 獨協医科大学埼玉医療センター低侵襲治療センターには、現在ダヴィンチ認定資格医(daVinci Certificate)が18名在籍しており、万全の体制でロボット手術に当たっています。
  • ダヴィンチ認定資格医の内訳は、泌尿器科7名(執刀医(CS)6名、助手(FA)1名)、産婦人科4名(CS 2名、FA 2名)、外科5名(CS 2名、FA 3名)、呼吸器外科2名(CS 1名、FA 1名)です。
  • 全科のロボット手術総件数は、173件(〜2019年8月)です。
  • 各科別ロボット手術件数は、泌尿器科130件、産婦人科10件、外科30件、呼吸器外科3件(〜2019年8月)です。
  • 毎月、他科医師や他職種と合同で低侵襲治療センターロボット手術手技検討会を開催し、カンファレンスを開催し常に適切な医療行為となるようにチーム医療を心がけています。

特殊外来

  • 泌尿器科外来にて泌尿器科ロボット手術のご相談をお受けします。
  • 産婦人科外来にて産婦人科ロボット手術のご相談をお受けします。
  • 外科外来にて外科ロボット手術のご相談をお受けします。
  • 呼吸器外科外来にて呼吸器外科ロボット手術のご相談をお受けします。

各科別ダヴィンチ認定医師および資格の
種類

泌尿器科:執刀医6名
氏名 職名 Da Vinci Certificate種類
徳本 直彦 教授 CS・プロクター認定医
新井 学 教授 CS
井手 久満 准教授 CS
瀬戸口 誠 講師 CS
中山 哲成 助教 CS
安田 友佳 助教 CS
井上 泰之 助教 FA
産婦人科:執刀医2名
氏名 職名 Da Vinci Certificate種類
高倉 聡 教授 CS
入江 太一 助教 CS
飯塚 真 講師 FA
市川 鉄平 助教 FA
外科:執刀医2名
氏名 職名 Da Vinci Certificate種類
奥山 隆 講師 CS
三ツ井 崇司 講師 CS
竹下 恵美子 講師 FA
斉藤 一幸 助教 FA
三輪 快之 助教 FA
呼吸器外科:執刀医1名
氏名 職名 Da Vinci Certificate種類
松村 輔二 教授 FA
小林 哲 准教授 CS
有本 斉仁 助教 FA

CS:Console Surgeon; 執刀医, FA:First Assistant; 第1助手
2019年5月末現在

資料1:平成30年度診療報酬改訂に係る
保険適用ロボット手術一覧
No. 手術コード 手術名区分
1 K843 前立腺悪性腫瘍手術
2 K769 腎悪性腫瘍腎部分切除術
3 K504-2 胸腔鏡下縦隔悪性腫瘍手術
4 K513-2 胸腔鏡下良性縦隔腫瘍手術
5 K514-2の3 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術
6 K529-2 胸腔鏡下食道悪性腫瘍手術
7 K554-2 胸腔鏡下弁形成術
8 K655-2 腹腔鏡下胃切除術
9 K655-5 腹腔鏡下噴門側胃切除術
10 K657-2 腹腔鏡下胃全摘術
11 K740-2 腹腔鏡下直腸切除・切断術
12 K803-2 腹腔鏡下膀胱悪性腫瘍手術
13 K879-2 腹腔鏡下子宮悪性腫瘍手術
14 K877-2 腹腔鏡下膣式子宮全摘術