循環器内科、心臓・血管・腎臓内科

外来受付電話:0288-76-0620

循環器内科診療科長 堀江 康人
心臓・血管・
腎臓内科診療科長
安 隆則

診療内容

  1. 心臓・血管や腎疾患の患者さん1人1人のニーズに合わせ、高度で先進的なチーム医療を提供してまいります。特に、急変しやすい心臓や血管疾患の悪化に迅速、かつ適切に対応すべく365日24時間体制の救急体制を充実させております。
  2. 狭心症(きょうしんしょう)に対する難易度の高いカテーテル治療、下肢の血流障害(末梢動脈疾患:まっしょうどうみゃくしっかん)への高度医療(カテーテル、バイパス手術)、不整脈に対するペースメーカー治療、慢性血栓塞栓性肺高血圧症(まんせいけっせんそくせんせいはいこうけつあつしょう)に対するカテーテル治療を実施いたしております。
  3. 心臓や血管病変を患った患者さんの2次予防と重症化予防のために、充実した包括的心血管リハビリテーションを用意しております。高齢化にともない、心不全は急増しております。心不全の重症化予防のために、食事療法(かるしおレシピでのおいしく減塩)、運動療法(患者さんに最適な強度設定と行った有酸素運動とレジスタンス運動)、知恵の蓄積(心臓病教室への参加、心血管リハビリガイドブックでの系統的な学習)をふくめた教育入院(2週間が基本ですが患者さんのご都合に合わせて変更可能です)を実施しております。
  4. 慢性腎臓病の患者さんには、悪化予防指導と薬物調整を行います。末期腎不全患者さんには、血液透析(25床)と腹膜透析を行う設備を完備しております。

関係する症状

  • 坂道・階段を昇ったり重い物を持った時に胸が締め付けられる痛みや圧迫感がある。
  • 夜間・早朝・安静時にも胸部圧迫感がある。
  • 息苦しくて横になって寝ている事が出来ない。
  • 脈が時々とぶ。脈が乱れる。
  • 意識を失う。
  • 急に足が腫れてきた。浮腫みがある。 など

疾患名

心臓・・・急性・慢性心不全、心筋疾患(肥大型心筋症・拡張型心筋症) 、徐脈性不整脈(洞不全症候群・房室ブロック)、頻脈性不整脈(WPW症候群、上室性・心室性頻拍症)

血管・・・狭心症、急性冠症候群(急性心筋梗塞・不安定狭心症)、陳旧性心筋梗塞、大動脈解離、大動脈瘤、末梢動脈疾患

腎臓・・・腎炎、ネフローゼ症候群、急性腎障害、慢性腎臓病、慢性腎不全

その他・・高血圧症、脂質異常症(家族性コレステロール含)、先天性心疾患、肺高血圧症

外来曜日別診療医一覧表

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日

堀中 繁夫
阿部 七郎
菊地 研
八木 博
金谷 智明
福嶋 博道
長沼 仁
中島 敏明
有川 拓男
天野 裕久
堀中 繁夫
阿部 七郎
菊地 研
八木 博
金谷 智明
福嶋 博道
長沼 仁
中島 敏明
有川 拓男
天野 裕久
堀中 繁夫
阿部 七郎
菊地 研
八木 博
金谷 智明
福嶋 博道
長沼 仁
中島 敏明
有川 拓男
天野 裕久
堀中 繁夫
阿部 七郎
菊地 研
八木 博
金谷 智明
福嶋 博道
長沼 仁
中島 敏明
有川 拓男
天野 裕久
堀中 繁夫
阿部 七郎
菊地 研
八木 博
金谷 智明
福嶋 博道
長沼 仁
中島 敏明
有川 拓男
天野 裕久
堀中 繁夫
阿部 七郎
菊地 研
八木 博
金谷 智明
福嶋 博道
長沼 仁
中島 敏明
有川 拓男
天野 裕久

阿部 七郎
八木 博
小尾 正太郎
阿部 七郎
八木 博
小尾 正太郎
阿部 七郎
八木 博
小尾 正太郎
阿部 七郎
八木 博
小尾 正太郎
阿部 七郎
八木 博
小尾 正太郎
阿部 七郎
八木 博
小尾 正太郎

初診の患者さんは火〜金曜日、完全予約制・要紹介状となっております。[健診後受診指示も含む]
ご予約は「心臓・血管内科」までお問合せください。

夜間休日も24時間体制で診療にあたります。
基本的に受付は11:00までですが、急患においてはその限りではありません。

主な検査

心臓超音波検査
心臓超音波検査では心臓の形態、心臓の働き、心臓内の血液の流れに異常がないかなどを調べます。これにより、心肥大、心機能、弁の狭窄や逆流、心臓内の短絡血流などがわかります。心エコー検査とも呼ばれ、心臓近くの胸壁に探触子を当てて検査を行います。患者さんにとって痛みのない負担の少ない検査です。
血圧脈波検査
四肢の血圧を同時に計測することで、血管の硬さや詰まり具合を測定します。動脈硬化の進行度を知ることができます。5~10分程度で痛みなく行えます。
心肺運動負荷検査(CPX)
呼気ガス分析装置により1分間に酸素をどのくらい吸っているか、その時二酸化炭素をどのくらい吐いているかなどを測定し、運動中の心臓の機能・肺の機能・骨格筋の機能などを同時に測定する検査です。
CTを用いた冠動脈撮影
外来で実検査時間15分程度で冠動脈の撮影が可能です。国内最新鋭の64列マルチスライスCTで検査を行います。
MRIを用いた冠動脈、心臓疾患検査
MRIは磁気の力を利用した検査で、被曝する事なく検査できるのはもちろんのこと、造影剤を使用せず評価でき体に負担の少ない検査です。
心臓カテーテル検査
手首や大腿の動脈から心臓までカテーテルを挿入し、冠動脈造影、左心室造影を行います。また静脈から右心系の機能評価を行う場合があります。心疾患の確定診断に欠かせない検査の一つです。基本的に検査入院の場合、二泊三日の入院を前提とします。
心臓電気整理検査
大腿の動静脈から心臓までカテーテル挿入し、不整脈の確定診断を行います。殆どの不整脈の確定診断が可能です。

専門とする治療分野

経皮的冠動脈形成術(PCI)
狭心症、心筋梗塞の治療を行ないます。心臓を栄要する冠動脈に生じた狭窄や閉塞をカテーテルを用いて治療します。現在の主流はステントという金属の薄い網を血管に留置し、血管を拡張させるものです。
高周波カテーテルアブレーション
頻脈性不整脈の治療を行ないます。心臓電気生理検査に引き続いて行ないます。
末梢動脈狭窄やシャントトラブルに対するカテーテル治療
カテーテルを用いて足の動脈や骨盤内の動脈やシャントの閉塞、狭窄を治療します。
ペースメーカー植え込み術(PMI)
徐脈性不整脈に対し恒久型ペースメーカーを植え込み、突然死、失神、心不全を防ぎます。
心臓・血管リハビリテーションによる治療
基本的には全ての患者さんが適応となり、平成24年度からは外来においても行っております。
慢性血栓塞栓性肺高血圧症に対するカテーテル治療(BPA)
カテーテルを用いて肺動脈拡張術を施術します。水曜日に専門外来を実施しております。
四肢静脈疾患治療
静脈血栓症、肺血栓塞栓症のカテーテル治療を行っております。

獨協医科大学日光医療センター