旅行透析・臨時透析のご案内

旅行先でも安心!

当センターでは旅行透析・臨時透析をお受けいたしております。栃木県(日光・鬼怒川方面)に旅行される際、旅行透析・臨時透析でお困りの方は、「獨協医科大学日光医療センター」にご連絡下さい。

旅行透析・臨時透析のお申し込み方法

栃木県(日光・鬼怒川方面)への旅行計画がありましたら、事前に「かかりつけ透析施設様」に相談し、主治医の許可を得て下さい。

まずは、お電話で日光医療センター地域連携・入退院支援センターにご連絡いただき、希望する旅行透析・臨時透析日をご予約下さい。また、旅行透析申込書をご記入のうえ、地域連携・入退院支援センターにFAXでお送り下さい。
原則、透析予定日の2~3週間前までにご連絡下さい。
ご連絡先電話番号:0288-76-1717(地域連携・入退院支援センター直通)

旅行透析申込書(72.6KB)

日光医療センター透析部にて調整させていただき、旅行透析・臨時透析の受入れ可否を患者さんへご連絡いたします。

旅行透析・臨時透析の受入れ可能となりましたら透析予定日の10日前までに「かかりつけの透析施設様」に下記の書類を依頼して下さい。

  • 診療情報提供書(紹介状)
  • 透析経過表
  • 透析条件表

かかりつけの透析施設様

旅行透析・臨時透析予定日1週間前までに「かかりつけの透析施設様」からの診療情報提供書(紹介状)・透析経過表・透析条件表が届いていることが透析実施条件となりますので、各書類をご準備いただき郵送又はFAXにてお送り下さい。

旅行透析・臨時透析当日は、予約時間の30分前までに日光医療センター1階総合受付に来院し、下記の書類をご提出してお手続き下さい。その後、透析室にて透析を実施いたします。

  • 健康保険証
  • 特定疾病療養受療証
  • 身体障害者手帳

透析終了後、お帰りの際は、総合受付で自己負担額(特定疾病に係る高額医療制度により所得に応じて1万円もしくは2万円)のご精算をして下さい。精算時に報告書が渡されますので、「かかりつけの透析施設様」へご提出下さい。なお、当日報告書が、間に合わない場合は、日光医療センターから「かかりつけの透析施設様」に郵送いたします。

費用について
他都道府県からの透析患者さんの場合、お住まいの都道府県で1施設1ヶ月あたりの自己負担額を補助してくれる医療券が使えませんので(特定疾病に係る高額医療制度により所得に応じて1万円もしくは2万円)の自己負担が発生します。この場合は、後日、日光医療センター発行の領収書を、お住まいの都道府県へ申請しますと全額あるいは一部が補助されます。自治体によってサービス内容が異なりますので、地元の自治体へお問合せ下さい。(これらの制度は、所得制限があります。)

旅行透析・臨時透析の詳細につきましては、下記へお問合せ下さい
獨協医科大学日光医療センター
栃木県日光市高徳632番地
電話:0288-76-1717(地域連携・入退院支援センター直通)
FAX:0288-76-1700(地域連携・入退院支援センター直通)
E-mail:ryokoutouseki@dokkyomed.ac.jp