基盤教育部門

物理学

教授 河村 亨
講師 大森 理恵
研究内容

物理学教室では宇宙を研究テーマとしている。また、医学研究に対して物理学的・数理科学的側面からのサポートも行なっている。

  • 一般相対性理論および超ひも理論による宇宙論の研究。
  • 高エネルギー宇宙線電子のスペクトルによる銀河構造の研究。宇宙線観測用原子核乾板の飛跡自動解析システムの研究。
教育方針
将来医師になる学生に対し、単に医学に応用されている実用的な物理学の知識を断片的に紹介するのではなく、自然現象を論理的に追求・考察していく姿勢が身に着くような指導を心がけている。
担当教科

高校課程で物理学を履修しなかった学生に対して、1年の1・2学期で「基礎科学(物理学)」を開講し、高校課程の内容から始まる力学と電磁気学を指導する。2学期には「人体の物理学」で、弾性体と流体、振動・波動について人体と関連の深い物理的内容を指導する。また、「物理学実験」では、「基礎科学(物理学)」あるいは「人体の物理学」で扱う様々な内容に関連したテーマの実験を体験することで、サイエンスの感覚を身に着け、数値データの分析の仕方と実験成果のレポートへのまとめ方を学んで欲しいと考えている。

医学部

1年 基礎科学(物理学)、基礎科学(物理学)演習、コミュニティヘルスインターンシップ、 スタディ・スキルズ、量子力学入門、人体の物理学、物理学実験、リベラル・スタディ
2年 高次脳機能

看護学部

1年 統計学

看護専門学校

1年 看護物理学

化学

准教授 馬籠 信之
講師 奥田 竜也
講師 梅澤 規子
技術員 外塚 清子
非常勤講師 今村 武佳
研究内容
  • 心筋細胞収縮リズムの光制御
  • ペプチド性化合物を用いたDDS開発
  • 分子修飾電極を用いた電気化学センサの構築
教育方針
現代化学は物質の構造とエネルギーについての一貫した理論の上に構築されており、医学を学ぶ場合においても化学の基礎的な知識習得は必要不可欠である。それらを基にして、物質の構造と性質および変化の仕方を理解し、さらに生命現象を化学的に理解することを目指している。
担当教科

医学部

講義においては、高校過程で化学を充分に履修してこなかった学生向けの基礎的事項を1~2学期に、また、専門教育の基礎となる物理化学や有機化学を通年に亘って行う。
実習においては、非常勤講師として、生体関連物質の物理化学的解析を専門とする小西和恵先生と今村武桂先生を加え、基礎的な実験方法や化学的思考について学ぶ。

1年 基礎科学(化学)、物質の科学、生体分子の化学コミュニティヘルスインターンシップ(CHⅠ)、医用材化学、化学読解、生体機能の科学モデル、リベラル・スタディ、スタディ・スキルズ、化学実習、PBLテュートリアル

看護学部

1年 化学

生物学

准教授 阿部 渉
講師 川瀬 摂
技術員 鶴見 紀子
非常勤講師 大塚 待子
研究内容
  • 陸産緩歩動物(クマムシ類)の系統分類と生態に関する研究。
  • ヒトデ由来生物活性物質の研究。
  • 野生動物の避妊ワクチンに関する基礎的研究。
教育方針
専門科目(医学および看護学)を習得するうえで必要とされる生物学教育。
教養を豊かにし、人間形成を促すための生物学教育。
担当教科

医学部

高校課程で生物を履修しなかったか履修が不十分であった学生は、1・2学期で「基礎科学(生物学)」を受講し、高校生物の学習内容を習得する。「細胞の生物学I」(1学期)と「細胞の生物学II」(2学期)は、医学教育モデル・コア・カリキュラムに示された生物学関連の学修目標の達成を目指した必修科目であり、生命の基本単位である細胞の構造と機能を学ぶ。「生物学実習」は、座学で学んだ知識を実感の伴う理解へと発展させることが目的であり、ウシガエルの解剖や細胞などの顕微鏡観察を行うことで、脊椎動物の基本体制を理解するとともに、解剖用具と光学顕微鏡を正しく扱えるようにする。以上の講義と実習をとおし、第1学年後半から本格的に始まる医学専門科目を学ぶうえで必要とされる知識と技術を習得する。このほか、教養を身につけることにより重きを置いた選択科目(「大学構内の自然観察」と「発生・生殖生物学」)も開講している。
「生物学実習」には、魚類初期胚における聴側線器官の機能形態学を専門とする大塚待子先生も加わる。

1年 細胞の生物学I、細胞の生物学II、生物学実習、基礎科学(生物学)、大学構内の自然観察I、発生・生殖生物学I、大学構内の自然観察II、発生・生殖生物学II、リベラル・スタディ、スタディ・スキルズ、PBLテュートリアルI

看護学部

近年、生命科学の進歩により色々な生命現象の原理が解明され、それを基盤としたバイオテクノロジーの革新は目覚ましい。このような時代の流れに翻弄されないため、しっかりとした生命科学の基礎知識を身につけることを目的とした「生物学」を開講している。1学年2セメスターに開講している「地球環境論」では、私たちの衣食住の基盤となっている生物多様性について学修する。

1年 生物学、地球環境論

数学・統計学

助教 小笠原 健
教育方針
必修科目の一つとして、「統計数学」を開講し、医学の様々な分野に現れる問題の解析に有効な。近年、「根拠に基づいた医学」ということが叫ばれ、統計学の重要性も再認識されてきている。統計学の基礎から応用まで一貫した教育を行い、実践的な力を養成したい。
担当教科

医学部

1年 統計数学、統計学、リベラル・スタディ、コミニュテイヘルスインターンシップ

健康スポーツ科学

准教授 村山 晴夫
講師 植松 梓
研究内容
  • スポーツ外傷
  • 身体運動制御
  • 競技力向上
  • 健康維持・増進
教育方針
将来、医師・看護師として社会に奉仕するため、身体運動やスポーツの実践、さらには健康科学理論を学ぶことで、心身の健全な発達を目指す。
担当教科

医学部

1年 スポーツ科学、健康科学、スタディ・スキルズ、コミュニティヘルスインターンシップ(CHI)
リベラル・スタディ、PBLテュートリアルⅠ

看護学部

1年 スポーツと健康

看護専門学校

1年 健康と保健体育

心理学

講師 野畑 友恵
研究内容
  • 感情喚起と記憶の形成
  • スケジュール感受性とルール支配行動
教育方針
心理学は、人間の情報処理特性や行動メカニズムを明らかにする学問である。心理学の内容には、医療に直結する専門知識は少ない。しかし、獲得した知識や技術を活用するのは人間であるため、人間の特性を学ぶことは重要である。例えば、患者さんの顔、名前、病状を記憶すること、検査結果を読み取ること、知識や経験をもとに診断すること、患者さんや家族に病状を説明すること、医療チームの一員として働くことには、認知活動やコミュニケーションといった人間の基本的なメカニズムが関わっている。心理学では、人間の特性を知り、自己や他者の理解を深めることを目指す。
担当教科

医学部

1年 心理学、臨床心理学、リベラル・スタディ、コミュニティヘルスインターンシップ
スタディ・スキルズ

看護学部

1年 心理学、人間発達論
2年 臨床心理学

助産学専攻科

1年 家族の心理・社会学