修士論文・課題研究論文 審査・評価基準及び審査方法

Ⅰ. 審査項目・審査水準

修士論文及び課題研究論文は、それぞれ以下の項目について審査し、総合的に判定する。

【修士論文】
修士論文とは、研究テーマが看護学に寄与するものであり、創造的な看護実践を開発することを目指し、看護現象を分析・評価する研究過程をふまえたものである。
  • 看護学的価値・有用性があること。
  • 文献検討が適切であること。
  • キーワードや概念の定義が適切であること。
  • 概念枠組みが適切であること。
  • 研究方法が適切であること。
  • 倫理性が確保されていること。
  • データ収集の妥当性があること。
  • データ分析・解釈の妥当性があること。
  • 論文の構成と形式・表現が適切であること。
  • 研究発表と質疑応答が適切であること。
【課題研究論文】
課題研究とは、専門領域における、講義や演習、そして実習を通して、関心ある問題を取り上げ、ケアの質の改善を図る看護実践上の課題の解決に寄与するものである。
  • 看護学的価値・有用性が十分にあり、看護実践に対して貢献するものであること。
  • 論文の全体の構成が適切で論理的でわかりやすい表現となっていること。
  • 研究全般に倫理的配慮がなされたものであること。
  • 看護の課題が研究として構成されていること。
  • 研究方法が適切であること。
  • 結果が明確に示されていること。
  • 考察が十分に行われ、専門看護師としての研究の今後の発展が示されていること。

Ⅱ. 論文審査の方法

修士論文・課題研究論文ともに同じ方法で論文審査を行う。

1. 論文審査委員会の設置
論文審査申請者(以下「申請者」という。)ごとに論文審査委員会(以下「委員会」という。)を設置し、論文の審査、最終試験を行う。
  • 主査 1名(指導教員以外の看護学研究科教授)
  • 副査 2名 (看護学研究科教員(指導教員、非常勤講師も含む))
2. 審査方法
  • 審査委員は論文を審査する。
  • 委員会を開催し、申請者に対して口頭試問を行う。
  • 申請者は、委員会での意見を踏まえ、必要に応じて指定の期日までに論文を再提出する。
  • 審査委員は再提出された論文を審査し、必要に応じて委員会を開催、申請者に対して口頭試問を行う。
  • 委員会は、口頭発表・質疑応答による最終試験を公開にて行う。
  • 最終試験終了後、非公開にて委員会を開催し、論文の合否を判定する。