教育理念と目標

教育理念

社会から信頼され、看護の質向上並びに看護学とその学際的発展に寄与できる、高度な看護実践力と研究的思考能力を備えた看護実践者、看護管理者、看護教育・研究者を育成する。

教育目標

  • 高い倫理観に基づき、看護行動がとれる。(倫理的態度)
  • 最新の知見と技術を有し、根拠に基づいた看護実践を提供できる。(実践力)
  • 総合的に看護ケアをマネジメントし、保健医療福祉関連の多職種と連携・協力を図ることができる。(管理能力)
  • 看護職者及び関連する多職種の中で専門的役割を発揮し、教育的役割を担うことができる。(教育能力)
  • 看護現象を科学的に分析評価し、研究的手法に基づき創造的に新たな実践を開発できる。(研究能力)