分子細胞生物学

Department of Molecular and Cell Biology

分子細胞生物学講座のホームページへ

スタッフ

教授 白瀧 博通
助教 東 覚
技術員
(パート)
大嶋 真由美
秋間 明美

研究方針

私共の教室では、物質的基盤に基づいて生化学的、細胞生物学的、分子生物学的手法を駆使し、細胞内情報伝達、細胞の極性形成、細胞運動、細胞接着等の分子メカニズムの解明を行っている。これらの細胞機能は、高血圧、動脈硬化、がん細胞の浸潤・転移、免疫応答、神経可塑性などの幅広い医学・生物学的領域に関与しており、その解明は臨床医学にも大きく貢献するものと考えている。

研究内容

  • 細胞内小胞輸送の制御機構の解明
  • 細胞運動、細胞の極性形成におけるTaxilin Familyの機能と作用機構の解明
  • がん細胞の浸潤・転移におけるTaxilin Familyの機能の解明
  • 神経ネットワーク形成におけるTaxilin Familyの機能の解明
  • 種々の疾患におけるTaxilin Familyの動態の解明

教育方針

医師として患者さんの疾患を診断して治療方針を立てる上で、種々の疾患の病理、病態を正確に捕らえることは重要な課題である。現在、種々の疾患の病理、病態は、基礎・臨床医学の進歩により分子レベル(遺伝子、蛋白質、糖、脂質等)で解明されるようになっており、疾患の病理、病態を分子レベルで理解することが医学生に求められている。そこで、私共の教室では、疾患の病理、病態を分子レベルで理解できる医学生を育成することを、教室の学部教育の方針としている。

担当教科

第2学年 分子生物学、分子生物学実習