公衆衛生学

Department of Public Health

公衆衛生学講座のホームページへ

スタッフ

教授 小橋 元
准教授 春山 康夫
西連地 利己
助教 小泉 智恵

研究方針

「独り立ち、力合わせる(獨・協)」ことをモットーに、大学院生、研究者自身の自由な発想を尊重しながら、疫学、分子生物学、健康教育・リスクコミュニケーション、栄養指導・食育などの様々な手法を用いて、社会に役立つ研究を目指す。

研究内容

  • 産科妊婦健診コホート研究(OSAN)
  • 壬生町等との共同研究事業(壬生町イノベーションコホート研究:MICS-1、2、3)
  • 多自治体における子どもの健康関連要因の研究(MICS-4)
  • 思春期、妊婦・育児を契機にした予防の実践
  • 小児炎症性腸疾患の遺伝・環境交互作用解明のための症例対照研究(P-GENIC)
  • 頸髄症・後縦靭帯骨化症の遺伝・環境交互作用解明のための症例対照研究(O-GENIC)
  • 妊娠高血圧症候群,分娩時出血の遺伝・環境交互作用解明のための症例対照研究(A-GENIC)
  • 周産期ビッグデータ解析(JODAN)
  • 職場検診における感覚器障害と循環器疾患に関する研究
  • 臨床疫学、放射線疫学に関する各種の共同研究

教育方針

「公衆衛生学教育を通じて『人々から信頼される人間を育成すること』」を基本理念とし、以下の3つの教育目標のもとに教育を行う。

  • 社会人・医師としての基本的な素養・プロフェッショナリズムに基づいた行動ができる。
  • 公衆衛生の考え方とその方法論を理解し、広く暖かく鋭い視野で考えることができる。
  • 公衆衛生と社会についての問題意識を持ち、自ら調べ、考察と提言を行うことができる。

担当教科

第1学年 PBLテュートリアル,リベラルスタディー
第2学年 PBLテュートリアル
第3学年 予防医学・臨床疫学
第4学年 公衆衛生学(講義および実習)、症例演習
第5学年 地域保健実習
第6学年 公衛衛生
大学院 基本医科学

お知らせ