再生医療センター

センター長 井上 晃男
井上 晃男
井上 晃男

再生医療センターについて

平成24年4月より当獨協医科大学病院に井上晃男(心臓・血管内科/循環器内科教授)をセンター長として「再生医療センター」が設立され、今年で8年目を迎えます。

この間、山中伸弥氏らのグループによって確立された人工多能性幹細胞(Induced Pluripotent Stem Cells:iPS細胞)による再生医療への応用及び実用化が視野に入るまでに進捗しています。政府も国策として再生医療を積極的に進めようと、厚生労働省「ヒト幹細胞臨床研究に関する審査委員会」が発足され、平成26年11月25日より「再生医療等の安全性の確保等に関する法律(再生医療等安全性確保法)が施行されました。

当院再生医療センターも、再生医療センター運営委員会、認定再生医療等委員会を組織し、特定細胞加工物製造許可申請書の届出・許可申請が受理され、各専門領域での再生医療が行われております。

当センターでの再生医療の特色は、脂肪組織由来幹細胞(ADRC)を用いた細胞移植であります。ADRCは骨髄幹細胞に比べ簡便かつ潤沢に細胞を摂取でき、骨髄幹細胞同等の分化能、パラクライン効果を認めることから、ADRCを採用しております。

現状の再生医療は保険診療ではありませんので、各専門分野で他施設共同研究を施行しております。泌尿器科領域で排泄機能センターによる腹圧性尿失禁に対する治験を数例施行し、有効性、安全性を確認しております。また心臓・血管領域でも重症虚血肢に対する血管新生療法として臨床試験に参加し、こちらも有効性、安全性を確認しております。

今後さらに形成外科領域では第3種再生医療として乳房再建術への臨床応用を、皮膚科領域では褥瘡治療に対して、また消化器領域では瘻孔治療を検討しております。

再生医療はまだ一般臨床で実用化されておらず、保険診療の段階には至っておりません。一方で再生医療の必要な患者さんが1日も早く保険診療として受けられるよう、まずは先進医療として承認していただくため、当センターもその有効性・安全性を確認すべく、臨床研究を積極的に行っていきます。

各領域での再生医療計画
  • 形成外科領域(乳房再建)
  • 泌尿器科領域(尿失禁)
  • 心臓・血管領域(血管再生)
  • 口腔外科領域(顎骨・歯槽骨欠損)
再生センターメンバー
オブザーバー

(50音順)