放射線部

検査の説明などはこちら

放射線部部長 野崎 美和子
放射線部技師長 夏井 哲
野崎 美和子
夏井 哲

業務内容

主な業務の内容としては「画像診断・IVR」、「核医学」、「放射線治療」の3つにわかれます。

画像診断・IVR

画像診断は、単純X線撮影・造影検査・血管造影(IVR含む)・CT検査及びMRI検査などがあり、検査依頼に基づいて撮影・画像作成・血管内治療を行っています。撮影後の画像を放射線科専門医が読影し依頼医に報告書を提供します。

  • 単純X線検査
    一般的にレントゲン撮影とよばれる検査をいいます。X線を人体にあてて透過したX線の量から人体の中の情報を知る検査です。古くは、透過したX線をフィルムで処理し写真にすることで診療に用いていましたが、現在ではCRやFPDというディジタル機器を利用して画像化し、その画像をモニタ上で観察し、診断を行っています。主に、胸部、腹部、骨などを対象としています。
  • 造影検査
    透視造影(胃透視・注腸)と血管造影(診断)と血管内治療(IVR)を行っています。
    それぞれ最新の装置の導入により、各科と連携をとりながら最良の診断と治療を提供しています。
  • CT検査
    最新マルチスライスCT320列、64列2台、合計3台のCT装置が稼働しております。最新のCT装置は撮影スピードが非常に速く、数秒で全身を撮影でき、心臓や脳血管等も詳しく検査することもできます。また、被ばく線量を抑えて撮影することもできますので、安心して検査をお受けいただけます。
  • MRI検査
    3台の装置で検査を行っています。放射線を使用していないので被ばくのない検査です。頭部・体幹部・四肢・関節など全身の精密検査を行っています。
核医学

核医学は放射線を出す性質のある薬(放射性医薬品:RI)を使い、体内に投与することで病気の有無や病状を診断する方法です。CTやMRI検査が臓器の形や大きさの変化を画像で診断するのに対し、核医学検査は臓器の働き(機能)を画像にして診断します。検査後の画像を放射線科専門医が読影し依頼医に報告書を提出します。また、骨転移等に対する内容療法やバセドウ病に対する内用療法も行っています。

放射線治療

放射線治療は、高エネルギーのX線や電子線を用いて主に悪性腫瘍の治療を行っています。院内だけでなく他院から紹介された患者さんにも対応し、放射線治療専門医が診断を行い、医師によって決定された放射線治療方針に従い放射線技師が放射線を照射します。
中央部門として他の診療科と密接な連携のもとに、看護師・事務スタッフと共に患者さんの負担を少なく短時間に安全で精度の高い検査・治療にあたる事を心掛けています。

認定資格など

マンモグラフィ検診制度管理認定技師(9名)、日本磁気共鳴専門技術者認定(4名)、X線CT認定技師(6名)放射線治療専門技師(2名)、放射線治療品質管理士(1名)、医療情報技師(4名)、放射線取扱主任者第一種(7名)、放射線管理士(3名)、機器管理士(2名)、臨床実習指導教員(8名)、被ばく相談員(1名)、医学物理士(1名)、IVR認定技師(2名)、Ai認定(2名)、X線検診認定(1名)、JPTEC(1名)等の資格取得し、質の高い医療サービスを提供できるように心掛けています。(平成30年度現在)

施設認定

「マンモグラフィ検診施設画像認定」
「医療被ばく低減施設」

主な医療設備

高度先進医療を行う大学病院として、また地域の基幹病院の中央部門として高度な医療機器を配備し、質の高い診断画像を各診療科に提供しています。以下は主な検査機器と30年度の検査・治療件数になります。

一般撮影用装置(胸部、腹部、骨撮影等) 5台 173,834件
乳房撮影装置(マンモグラフィ) 1台 1,749件
X線コンピュータ断層装置(CT) 4台 37,995件
核磁気共鳴装置(MRI) 3台 15,119件
X線透視装置(泌尿器系検査装置含む) 3台 2,618件
血管造影装置(心臓カテーテル検査含む) 3台 1,775件
骨塩定量測定装置(骨密度) 1台 1,989件
ガンマカメラ(RI) 2台 2,655件
放射線治療装置(密封小線源装置含む) 2台 9,363件

検査の説明や注意事項

詳しい検査の説明や注意事項についてはこちらを参照して下さい

放射線部サイトへ

検査ならびに放射線治療のご依頼

当院放射線科では、MRI検査・CT検査・核医学検査(RI)・マンモグラフィ検査など各種画像診断ならびに放射線治療(ライナック治療)について院外の医療機関からのご依頼を受けています。

ご依頼手順
  • 電話予約 当院放射線科へ直接お電話して頂き、事前に受診日と時間のご予約をお取り下さい。
  • 予約確認票等の返信 電話での予約をお受けいたしましたら、当院より「予約確認票」等をFAXにてお送りいたします。
  • 予約確認票等の持参 患者さんに上記の予約確認票をお渡し頂き、ご来院の際、各検査に必要な問診票及び承諾書と供に放射線科窓口に提出頂きますようお願いいたします。
申込方法

ご依頼はすべて予約制です。依頼される先生は下記へ電話にて日時を予約して下さい。

電話受付時間は、平日(月~金)の10:00~15:30です。

患者さんからの直接のご依頼は受け付けておりません。

予約をキャンセルする場合は、事前にご連絡ください。

受診当日の手続き

初診受付カウンター(1)番で「保険証」「紹介状」などを提出し、手続きをしてください。

検査結果のご報告方法
  • MRI検査・CT検査・核医学検査(RI)・マンモグラフィ検査等の検査結果は、CD-Rに放射線科医による診断報告書を添付して、後日依頼医あてに郵送いたします。
  • 検査結果については、当院では説明しておりませんので、ご依頼の先生から患者さんに直接ご説明くださるようお願いいたします。