海外研修

獨協医科大学では、学術交流などを目的とした大学間協定締結校を始めとして、様々なプログラムによる海外研修を積極的に推進しています。看護学部では、協定校である国立フィリピン大学マニラ校で現地学生とともに臨床研修するジョイントプログラムを実施。日頃の学びを活かしつつ、国際的な視点を育むことを目標としています。平成30年度には10名の学生が参加し、現地の病院や医療施設、大学などで活発な意見のやりとりが行われ、異国文化に触れながら実りのある研修となりました。
令和2年度からはタイ王国チェンマイ大学との交流も開始されます。