成人看護学(慢性期)

領域の紹介

成人看護学(慢性期)では、生活習慣病など疾患の慢性状態にある患者の看護、急性増悪を回避するために必要な患者の看護、疾患からの回復に向けた健康の維持・増進期にある患者の看護を教育の主軸としています。

担当科目

健康障害看護援助論(慢性期看護1)

慢性期看護とは病状の変化を伴いながら長期にわたり療養を続ける対象への援助です。成人期を中心に健康障害を持ちながら生活している人の理解と援助方法を、理論をふまえて学修します。

健康障害看護援助論Ⅴ(回復期看護)

回復期看護とは、健康障害からの回復期にある人およびリハビリテーションが必要な人とその家族に対して、生活再適応や再構築を支援する看護活動です。この科目では、障害を持ちリハビリテーション看護を必要とする対象を理解し、必要な看護をアセスメントし、対象とともに目標を設定し、必要な看護ケアをプログラムできる知識を獲得します。

健康看護支援・健康障害看護援助論実習Ⅳ(成人・老年慢性期)

健康障害が慢性期にある成人・老年期の対象とその家族に対して、セルフケアの維持・向上を実践するための基礎的能力を学修します。

卒業研究のテーマ

  • 心不全患者の療養体験に関する研究
  • 2型糖尿病をもつ妊婦のセルフケアに関する研究
  • リハビリテーション病院で患者がエンパワメントされる場面分析
  • 筋ジストロフィーの療養者の「食べたい」気持ちを支える看護の技
  • 外来で放射線治療を受けるがん患者の日常生活上の困難

総合実習のテーマ

  • 再入院を繰り返す糖尿病患者のライフスタイルや性格特性を踏まえて、退院後も継続できる生活指導を学ぶ。
  • 心不全患者の病期進行の不確かさへの理解を深め、仕事と休息のバランスをとる療養支援の実際を学ぶ。
  • 脳血管疾患や神経筋疾患などで麻痺や自力での体動が困難な状況にある患者が、生活の中にリハビリテーションをしみわたらせる生活支援の方法を学ぶ。
  • 終末期にある慢性疾患患者が生きてきた軌跡をきかせてもらいながら、生きがい、希望、トータルペインを捉えた関わりについて学ぶ。
  • 退院支援調整看護師が行う病院内でのコーディネーションや、地域保健・医療・福祉の関係機関や職種との連携とその実際を学ぶ。

社会活動(今秋から開催予定)

疾病の有無にかかわらず、「分かっちゃいるけど止められない」「なかなかやる気になれない」という気持ちに共感する人々とともに、どのように健康的に生きていくかを考える会、および、処方薬のもらいかた、保管の仕方、適した用法への行動習得など、地域住民のポリファーマシー(薬が多く有害事象に発展しやすいこと)への健康行動を支援する会を企画している。

教員紹介

教授 鈴木 珠水
准教授 棟久 恭子
講師 佐藤 佳子
助教 戸沢 智也