成人看護学(急性期)

領域の紹介

成人看護学(急性期)の対象は、主に手術の前・中・後の方や、事故や急病により生命が危険な状態にある方とその家族です。この方々の年齢や発達段階における特徴、身体的・心理社会的特性を総合的に理解し、合併症の予防と早期の回復、苦痛の緩和、そして社会生活への適応に向けた看護について学修します。また、人生の最期を迎える方とその家族に対して、安寧な最期を過ごすための看護について学修します。

担当科目

急性期看護援助論

健康障害が急性期にある患者とその家族を対象にした看護援助について学修します。
危機的状況および周手術期にある者とその家族の特徴を理解し、急性期看護に有用な理論や概念を活用しながら、身体侵襲を予測し、苦痛の緩和、合併症の予防、生体機能の回復、そして社会生活への適応に向けた看護援助について学修します。

終末期看護援助論

健康障害が終末期にある者とその家族を対象にした看護援助について学修します。
死の受容および悲嘆の過程を理解し、終末期にある者とその家族が安寧に過ごすための看護援助、および遺族に対するグリーフケアについて学修します。さらに、終末期における倫理的課題やデスエジュケーションについて学修します。

がん看護援助論

がんおよびがんの治療によって全人的苦痛を抱える者とその家族を対象にした看護援助について学修します。
がん看護に関連する概念を理解し、対象の生活の安寧とその質を高めるための看護について学修します。さらに、集学的治療を受ける対象に対する看護、およびこれらにともなう倫理的問題について学修します。

看護研究方法論

看護研究の意義と必要性、研究を実施するための一連のプロセスについて学修し、自ら看護研究に取り組むための基礎的能力を修得します。

急性期看護学実習

周手術期および危機的状況にある対象を受け持ち、看護過程を展開します。
身体侵襲を予測し、苦痛の緩和、合併症の予防、生体機能の回復、そして社会生活への適応に向けた基礎的な看護実践能力を修得します。また、健康障害を持ちながら、それぞれの環境や状況の中で生活している対象に必要な看護について学修します。

卒業研究のテーマ

  • 救急搬送された患者さんの家族が代理意思決定時に抱く思い-2018年までの文献からー
  • 人工心肺を用いた心臓手術を控えた壮年期患者さんが術前に抱く思い
  • 東日本大震災時における手術室看護師の行動
  • 終末期がん患者さんの望みを引き出し実現させるための看護師の思考
  • 乳がんに罹患した母親の乳幼児期にある子供に対する思い-乳がん患者の手記を通してー

総合実習のテーマ

  • 急性期における脳血管疾患患者のQOL維持・向上に向けた看護
  • 救命救急センターに入院となった患者家族への心理・社会的側面に対する看護
  • 集中治療室に入室している患者さんの身体的・精神的苦痛を軽減するための看護
  • 術前から術後における手術看護と手術チーム・他部署との協働について
  • 緩和ケア病棟に入院する患者さんの苦痛緩和のための看護

社会活動

地域共創看護教育センターの事業:本学大学院専門看護師コース修了生に対するサポート事業
本学大学院専門看護師コースの修了者が、獨協医科大学病院およびその他の医療機関において、専門看護師としての役割を果たしていくために、学生個々の能力の開発と、有意義な役割を果たすことができる環境を創ることを目的に、以下の2つの研修を実施しています。

  1. 専門看護師試験に向けた受験対策のための研修会
  2. 人生の最終段階の医療とケア(end-of-life care)研修会

教員紹介

教授・教務部長 小西 敏子
講師 野口 貴史
講師 林 幸子
助教 菱沼 秀一