地域看護学

領域の紹介

地域看護学では、地域における看護活動のうち、公衆衛生看護、学校保健、産業保健に焦点を当て、保健師国家試験受験資格に必要な教育を行っています。さらに地域包括ケアを推進するために、広い視野を持った看護職の育成を目指しています。

担当科目

保健医療福祉行政論
健康支援・健康障害支援活動の基盤となるわが国の保健医療福祉行政について、法的・社会的・経済的背景を含めた成り立ちを理解します。各種社会資源および行政サービス組織の概要について学修します。
学校保健と産業保健
学校保健活動と産業保健活動の理念と根拠法令、及びその活動を担う人材について理解します。学校保健における対象者は児童・生徒・学生・教職員、産業保健では成人・壮年期の主として産業従事者です。いずれもその健康保持増進及び健康課題への対応について学修します。
健康看護支援論Ⅰ(公衆衛生看護)
公衆衛生看護の対象は地域で生活するあらゆる世代の、様々な健康レベルの住民です。本科目では健康課題の特性から対象をとらえ、各対象に対する公衆衛生活動について理解します。
健康看護支援論演習(公衆衛生看護活動)
公衆衛生看護活動で展開される支援技術について学修します。保健師は行政・産業・学校等の場で、対象集団に保健指導を実施します。本科目では、健康診査、健康相談における保健指導、集団を対象とした健康教育、訪問指導、グループ支援・組織化活動の各場面における援助の実際について学修します。
看護マネジメント論Ⅲ(公衆衛生看護管理)
公衆衛生看護活動におけるマネジメントの概要を理解し、マネジメント方法の基本を学修します。また、公衆衛生看護学実習に向けて、保健所管内の健康施策についても学修します。
アセスメント論Ⅲ(地区アセスメント)
公衆衛生看護活動の基盤となる地域診断および健康課題を解決するための保健事業(健康教育)について学修します。
健康看護支援論実習(公衆衛生)
地域の人々のあらゆる健康課題に対応する公衆衛生看護の理解を深め、看護活動の実践のための基本的能力を学修します。

卒業研究のテーマ

  • A市B地区の防災情報伝達システムの変遷と住民の緊急災害情報への意識
  • 児童虐待予防における保健師の家族支援に関する文献検討
  • 20歳代女性の子宮頸がん検診の受診率向上のための支援に関する文献検討
  • 日本に在住する外国人が医療機関を受診した際の思い

総合実習のテーマ

  • 学校保健における児童・生徒のメンタルヘルスケアと養護教諭の役割
  • 自動車メーカー工場における産業保健師の機能と役割
  • 労働者の心身両面の健康の保持増進の支援からわかる産業保健師の役割・機能
  • 航空機製造事業所職員に対する産業保健専門職としての支援

社会活動

地域共創看護教育センター事業:「ママ・パパカフェ」
日本に住む外国人の母親、父親、その子どもたちを対象に、異文化における子育てを支援する活動です。主催者および参加者同士の交流を目的に、偶数月の第4土曜日、10時から12時まで「ドミトリーいちょう」で行っています。

教員紹介

教授 板垣 昭代
准教授 野尻 由香
講師 塩澤 百合子
講師 会沢 紀子