超音波センター

センター長
小林 さゆき

診療内容

当センターは2016年、病院内の超音波検査を集約して行い、検査の効率的運用、高い質の維持を目的として設立されました。腹部、心臓、血管、甲状腺等各領域の専門医師および検査技師が協力して画像診断、治療を行っています。超音波検査は各部位の異常を非侵襲的かつ簡便に検出することができ、特に検者・被検者ともに被曝の心配がない、時代にマッチしたヒトに優しい検査法です。2018年4月より当センター専属の検査技師が赴任し、検査の効率化および検査内容の質向上に取り組み、飛躍的に検査件数が増加しております。現在3名の専属技師および臨床検査部の検査技師が中心となり、消化器内科、循環器内科、糖尿病内分泌・血液内科、脳神経内科、耳鼻咽喉科など各分野の医師とともに検査を行なっております。
最新の超音波検査装置を常備し、最先端の技術や検査法をいち早く導入し、医学の進歩を速やかに患者さんに還元できる体制を整えております。また、超音波検査の教育にも力を入れております。定期的な勉強会・講義を通し、超音波の専門医・専門技師の育成、学会への積極的な参加、院内外のハンズオン開催を行っております。医学生が1週間超音波のみを集中して学べるクリニカルクラークシップ実習にも各スタッフが協力し指導しています。

診療実績

平成30年度
  • 腹部:4011件
  • 心臓:6273件
  • 経食道心臓:446件
  • 頸動脈:878件
  • 下肢動脈:80件
  • 下肢静脈:521件
  • 甲状腺:1076件
  • その他:83件

超音波センタースタッフ専門資格

  • 日本超音波医学会専門医・指導医:2名
  • 日本心エコー図学会認定専門技師:2名
  • 日本心エコー図学会SHD心エコー図認証医:1名
  • 認定心エコー図専門医(暫定):1名
  • 日本超音波医学会認定超音波検査士 :11名

超音波センター設置使用機器

腹部

GE
LOGIQ E9

CANON
Aplio 500, Xario XG

心臓・血管

GE
Vivid E95, Vivid E9

CANON
Aplio i900, Artida

Philips
EPIQ 7