病院指標

病院指標の公表について

目的
「診断群分類に基づく1日ごとの支払い方式(DPC/PDPS:DiagnosisProcedure Combination/Per-Diem Payment System)」の対象病院・準備病院は、診療報酬請求とは別にカルテやレセプト等の情報を厚生労働省へ提出することが義務付けられております。
これらのデータを用いて、全国統一の定義や様式に基づいた病院指標を公開することで、一般の皆さまに当院の特徴や役割、急性期医療の現状についてご理解いただくことを目的としております。
定義
現在公表しております情報は、平成29年度(平成29年4月1日~平成30年3月31日)に当院を退院された患者さんが集計の対象となっております。
なお、厚生労働省から示された定義によって、入院後24時間以内に死亡された患者さんや生後1週間以内に死亡された新生児、労務災害や自由診療等により健康保険を利用されなかった患者さんは集計対象より除外する扱いとなっております。(ただし、生活保護を利用された患者さんは集計対象となっております。)

「病院指標の公表」にあたっては、医療機関ホームページガイドライン等を遵守しております。この関係により、診療科名称が院内呼称と一部異なる診療科がございますことをご了承願います。

病院指標