臨床研修プログラム

目的と特徴

将来の専門性に関わらず、全ての臨床医に求められる基本的な臨床能力を幅広く身に付けるとともに、人格の涵養に努める医師を養成する事を目的としております。2年間で厚生労働省が定める各科の到達目標を確実にクリアーできるように設定されております。

臨床研修プログラムの参加施設

獨協医科大学埼玉医療センター
獨協医科大学病院
獨協医科大学日光医療センター
越谷市立病院
春日部厚生病院
越谷ハートフルクリニック
東埼玉総合病院
新越谷病院
越谷市夜間急患診療所
順天堂大学医学部附属順天堂越谷病院
北辰病院
久喜すずのき病院

研修修了後の主な進路

2年間の初期臨床研修を終えた研修医は、専攻医(後期臨床研修医)として、専門医取得に向けた研修プログラムにて研修を行うことができます。専門領域にもよりますが、3年の研修課程を修了した時点で専門医の受験資格を取得できます。
その後、課程を修了した医師はスタッフ(助教)に採用される資格を取得、さらに数年間の研修を経て、subspecialty領域の専門医の受験資格を取得できます。また、大学院医学研究科の専攻分野を開設しており、希望者は社会人大学院制度を利用して勤務しながら大学院生として研究を行い、学位(医学博士)の習得が可能です。

研修プログラム

4種類のプログラム(一般、小児科、産科婦人科、外科系)

厚生労働省の基本理念(医師法第一六条の二第一項に規定する臨床研修に関する省令)

臨床研修は、医師が、医師としての人格をかん養し、 将来専門とする分野にかかわらず、医学及び医療の果たすべき社会的役割を認識しつつ、 一般的な診療において頻繁に関わる負傷又は疾病に適切に対応できるよう、基本的な診療能力を身に付けることのできるものでなければならない。臨床研修の基本理念にのっとった研修プログラムとして、内科(24週以上)、救急部門(12週以上)、地域医療(4週以上)に、外科、小児科、産婦人科、精神科(いずれも4週以上)、一般外来(4週以上)を含むこと。

1. 一般プログラム

当院の一般プログラムは、必修科目である内科24週(8週づつ3科もしくは4週づつ6科を選択)、救急部門12週、地域医療4週、外科4週(外科系診療科9科から1科選択)、小児科4週、産科婦人科4週、精神科4週を必修科目、当院指定必修科として麻酔科8週を履修し、厚生労働省が定める到達目標の確実な達成を図っております。残りの期間は希望履修選択科目として履修をします。そこでは当院が標榜する全ての診療科・部のどれをも選択できるようにしました。この期間を利用して専門医資格取得に必要となる症例数を、可能な限り確保できます。さらに、同時期において、獨協医科大学病院で標榜している診療科も選択研修可能です。

1

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
内科 救急部門 外科 麻酔科
2

13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24
小児科 産婦
人科
精神科 地域
医療
希望履修選択科目

2. 医師不足診療科の特化プログラム(小児科・産科婦人科)

募集定員20名以上の基幹型臨床研修病院は、医師不足診療科の問題に対処すべく将来、小児科医あるいは産科医を目指す研修医を対象とした特化プログラム(募集定員2名以上)を、それぞれ設けなければなりません。当院は上記の一般プログラムを土台にして、希望履修選択期間をそれぞれ小児科および産科婦人科に特化したプログラムを用意しました。

小児科特化プログラム

1

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
小児科 内科 救急部門 麻酔科 外科・
小児
外科
2

13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24
地域
医療
精神科 産婦
人科
内科 小児科 希望履修選択科目

産婦人科特化プログラム

1

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
産婦人科 内科 外科 小児科 麻酔科
2

13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24
救急部門 精神科 地域
医療
希望履修選択科目 産科婦人科

3.外科系プログラム

手術室22室を持つ当院では、外科系を目指す方には初期臨床研修期間から積極的に手術に参加していただきたいと考えており、一般プログラムよりも幅広い手技の習得が可能となる外科系プログラムを用意しております。

4. プログラム名:初期臨床研修外科プログラム(定員6名)

1

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
外科選択 外科 内科 産婦
人科
麻酔科
2

13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24
救急部門 小児科 精神科 地域
医療
希望履修選択科目 外科選択