教育制度

共通教育制度

獨協医科大学病院、埼玉医療センター、日光医療センターの3病院共通教育プログラム

獨協医科大学の3病院看護部の教育プログラムは、レベルI〜Vのキャリアラダーの段階に沿って、入職時から継続して看護実践能力が高められるよう人材育成をしています。さらに、専門分野別、役割別、管理者別などの教育も継続し実施しています。また、個人が目指す専門看護師・認定看護師などへのキャリアアップが図れるよう支援しています。研修は、キャリアラダー・専門分野別・役割別など3病院共通の研修と各病院別研修を組み合わせて行っています。

獨協医科大学病院、埼玉医療センター、日光医療センターの3病院共通教育プログラム
獨協医科大学 看護職キャリア開発システム(3病院共通)
獨協医科大学 看護職キャリア開発システム(3病院共通)
看護部クリニカルラダー(レベルⅠ~Ⅴ)
レベル別 目標
レベルⅤ 看護部や病院から求められる役割を認識し、創造的なマネジメントを発揮できる。
レベルⅣ 看護部や病院から求められる役割を認識し、チーム医療を推進できる
レベルⅢ 部署において専門性をふまえた看護実践が行え、組織的な役割を遂行できる
レベルⅡ 看護チームのメンバーとして自立できる
患者さんを全人的にとらえ個別的看護が実践できる
レベルⅠ 社会人としての職務姿勢と部署の一員としての役割と責務に基づいて行動できる
助言を得てエビデンスに基づいた看護実践ができる

新人看護職員研修プログラムは、各病院の「継続教育」を参照

年度別研修は個人に合わせて実施

看護補助者研修
看護補助者 看護補助者研修としての役割を理解し、メンバーシップがとれる

1年間を終えた先輩メッセージ

救急救命センター

緊急度・重症度の高い患者さんへ私たちにできることがあります

入職して救命救急センターに配属されICUでの勤務から始まりました。机上学習で学んできたことだけでは分からないことの多さ、重症患者を受け持つことに不安しかありませんでした。しかし、様々な疾患や外傷などの患者さんを受け持ち看護実践していく中で患者さんを通して先輩ナースと日々学びを深めています。自分が行ったケアで回復していく患者さんを観ることができた時、もっと頑張ろう!って思います。一番のやりがいです。