部署紹介

病棟紹介・先輩からのメッセージ

救急医療はチーム、ひとりの命を救うために全力を尽くす
救急医療は、患者が病院に運ばれてきた時から安定化するまでの時間が勝負です。心肺蘇生から手術、検査など多様な救急処置をいかにスムーズかつスピーディーに行えるか、一瞬の判断が生命にかかわる場面も多く、プレッシャーの日々です。人の生死にかかわるため辛いこともありますが、迅速に救急処置を提供でき、患者が安定化した時には達成感があります。患者が運ばれた時から社会復帰を見据え、心身の障害が最小限にとどめられるように個を尊重した看護提供に手応えを感じています。地域の救急医療の、最後の砦としての誇りを持ち、チーム一丸となって働いています。
ERICU/DMAT隊員
ERICU/DMAT隊員
22の手術室、周術期医療は病院の要
22部屋ある手術室は国内最大級です。年間10,000件を超える手術に対応しています。手術中、麻酔下にある患者には意識がありません。手術室看護師は、患者の代弁者となり患者の不利益を排除し、患者の権利と安全を守っています。私たちは、手術を受けるすべての患者とその家族に寄り添う看護を実践しています。さらに、手術に関わる多職種がそれぞれの専門的知識・技術を最大限に発揮し連携しながらチーム医療を行っています。周術期医療は病院の要です。手術チームの一員としての誇りを胸に、最高の周術期看護をしてみませんか。
手術室/手術看護認定看護師
手術室/手術看護認定看護師

新棟開設

平成29年11月に新棟が完成
平成29年11月に新棟が完成

病床は200床増床をし、さらなる急性期医療の充実をはじめ周産期医療が開始となりました。
あなたも一緒にチャレンジしていきませんか。

ジョブローテーション

ジョブローテーションは、看護師個人のキャリアアップを目的として行います。数年勤務してから病棟から病棟へと異動したり、病院から病院へと異動することが可能です。異動することにより看護師本人の能力の再発見のみならず、看護のやりがいや生きがいにもつながります。また、たくさんのスタッフとめぐり合うチャンスになり、看護への新しい視点が開ける良い機会になっています。

ジョブローテーション
獨協医科大学病院

大学病院に転勤後、進学し助産師として勤務

私は日光医療センター循環器内科で2年間勤めた後、助産師を目指し、大学病院の総合周産期母子医療センター産科部門へ異動しました。最初は新しい環境や仕事内容に戸惑いもありましたが、職場のスタッフの支援を受けMFICU(母体・胎児集中治療室)でハイリスク妊産婦に対する看護を学びました。1年間勤務後、休職してマロニエ医療福祉専門学校助産学科へ進学し、念願だった助産師免許を取得することができました。今年の4月から復職しています。目標であった助産師として数か月が経ちました。日々の業務で知識や技術を習得しながら、さらに助産師としての視点を大切に今後も頑張っていきたいと思います。

獨協医科大学 埼玉医療センター

大学病院から埼玉医療センターに転勤して経験できたこと

入職して7年間壬生の大学病院で勤務し、内分泌代謝内科病棟・手術室を経験後、他の病院でも経験したいと思い埼玉医療センターへ異動しました。埼玉医療センターでは希望した糖尿病内分泌血液内科への配属となり現在に至ります。 大学病院ではプライマリーでの看護体制でありましたが、埼玉ではチームナーシングであり、初めは戸惑うことも多くありましたがスタッフに支えられ楽しく仕事ができています。二つの病院で同科を経験し、病院に応じた糖尿病の指導の仕方の違いや看護の特性を学ぶことができました。これからも頑張って経験を積んでいきたいと思います。

獨協医科大学 日光医療センター

3病院どこでも私の看護が実践できます

私は獨協医科大学看護学部を卒業後、獨協医科大学病院に入職し、地元から近いこともあり4年目に自らの希望で日光医療センターへ異動しました。異動する際には不安もありましたが、電子システムや看護体制に大きな変わりはなく、スタッフの方々も温かく迎えてくれたため、自然と新しい環境に馴染むことができました。日光では、循環器内科と心臓・血管・腎臓内科の混合病棟に配属となり、重症患者対応から退院支援まで幅広い看護をこなし、看護師として日々成長できる環境が整っていると思います。異動は自分にとって良い転機となり、慢性心不全認定看護師へのキャリアアップという新たな目標を見つけることができました。目標達成に向けてこれからも努力していきたいと思います。