がん登録

がん登録とは

がん登録とは、がんの罹患や転帰その他の状況を登録・把握し、分析する仕組みであり、がん患者さんの罹患率、生存率、治療効果の把握など、がん対策の基礎となるデータ収集に必要なものです。

院内がん登録とは

院内がん登録とは、国が定める「がん対策基本法」に基づいて行われるがん登録事業のひとつです。当院は平成20年3月より地域がん診療連携拠点病院として指定を受けております。指定要件として、院内がん登録の実施と、国立がん研究センターによる全国集計、全国がん登録事業へ情報提供を行っています。また院内においても情報を提供し、がん医療の向上の基礎となるデータとして活用されています。

院内がん登録では、学術統計のため登録情報を基に生存確認調査を実施します。当院にて情報が把握出来ない場合は、その後の経過を他施設に問い合わせることがあります。

この事業での個人情報利用については、当院個人情報保護規程に基づき最大限の注意を払っております。患者さんからのお申し出がない場合には、ご同意を頂けたものとして取り扱わせて頂きますのでご了承ください。

統計の説明

登録対象
  • 1年間(1月1日から12月31日)に、自施設で診断、または他施設ですでに診断されて自施設に初診した悪性新生物(がん)及び頭蓋内の良性及び良悪性不詳の腫瘍が対象です。
  • 1腫瘍・1登録の原則に基づき、同一の患者さんに別のがん種と判断されるがんが同時又は時間をあけて生じた場合には、多重がんとして複数登録します。多重がんの判断は定められたルールに基づきます。
ステージ分類
治療前ステージとは、何らかの治療が行われる以前につけられたステージを指します。院内がん登録ではUICC TNM分類によるステージで登録します。一般的な臨床現場で使用されるステージとは若干異なる場合があります。
治療内容
  • 手術:外科的手術、鏡視下(腹腔鏡など)治療のいずれか、または、両方
  • 内視鏡:内視鏡治療
  • 放射線:放射線治療
  • 薬物療法:化学療法、内分泌療法
  • その他:免疫療法、肝動脈塞栓術、レーザー治療(ラジオ波焼灼を含む)、アルコール注入法等
  • 治療なし:経過観察を含む
主要5部位とは
我が国において罹患・死亡の多い部位で、胃、結腸・直腸、肝、肺、乳房の5つです。