脳卒中センター

外来受付電話 0282-87-2198(脳神経内科外来)

センター長
竹川 英宏
竹川 英宏

診療内容

当センターでは急性期脳卒中(脳梗塞、脳出血、一過性脳虚血発作、くも膜下出血)の疑いがある患者さんを少しでも早く診察、治療を開始するために、2018年4月に設置されました。
急性期脳卒中の初期対応や鑑別はもちろん行いますが、特に超急性期脳梗塞に対してt-PAによる血栓溶解療法やカテーテルによる血栓回収療法を行います。

診療体制

当センターの専従医師は2名(脳神経内科兼務)ですが、数名の脳神経内科の医師が兼務として従事しています。超急性期脳卒中疑い患者さんが搬送された時は、脳卒中センター医師および脳神経内科の医師が救命救急センター医師とともに初期対応にあたります。

脳梗塞の超急性期で治療が安全にできると判断した場合は、速やかにt-PAによる血栓溶解療法を行います。またt-PAの有効性が乏しい患者さん、t-PAが出来ない患者さんで、適応があると判断した場合は、脳卒中センターまたは脳神経外科の医師によるカテーテルを用いた血栓回収療法を施行いたします。

脳出血の患者さんの場合は、脳神経外科とともに手術適応の判断を行います。また、くも膜下出血の患者さんは速やかに脳神経外科による治療を開始します。

脳卒中はいつ発症するかわかりません。このため、24時間、365日対応できるよう、脳卒中センター専用のPHSを用いて脳卒中センター医師、脳神経内科医師にいつでも連絡が取れる体制を整えています。

急性期脳卒中は入院加療が必要です。ご入院される病棟は脳卒中ケア・ユニット、救命救急センター病棟、脳神経内科病棟、脳神経外科病棟のうち、最も適切な病棟および診療科で入院加療を行います。

治療および成績

2019年度の虚血性脳卒中は一過性脳虚血発作(画像陰性)が16例、脳梗塞が349例でした。脳梗塞の内訳は、ラクナ梗塞61例、アテローム血栓性脳梗塞81例、大動脈原性脳塞栓症6例、心房細動による心原性脳塞栓症105例、奇異性脳塞栓症9例、その他の心疾患による脳塞栓症9例、頚動脈・脳動脈解離22例、感染性心内膜炎4例、原因不明(複数の原因)5例、塞栓源不明17例、その他(がん、血液疾患など)30例と、様々な病型の虚血性脳卒中を診療しました。また、脳内出血は95例、くも膜下出血は49例(脳神経外科直接入院)、脳静脈閉塞症2例でした。
2019年度の超急性期脳梗塞(発症6時間以内)に対する超急性期治療数は51例(t-PA静注療法単独20例、機械的血栓回収療法単独16例、t-PA静注療法と機械的血栓回収療法併用15例)でした。発症4時間30分以内の超急性期脳梗塞患者さんの当院搬送数は101例、発症6時間以内の患者さんは17例でしたので、4割以上の方が超急性期治療を受けることができました(残念ながら当院搬送時にすでに大きな脳梗塞が見られ、 治療による出血の危険が高く、通常の急性期治療となる患者さんもいました)。

特徴・特色

当センターには日本脳卒中学会認定脳卒中専門医・指導医、日本神経学会認定神経内科専門医・指導医、日本頭痛学会専門医・指導医が勤務しています。脳卒中は様々な神経の症状が出現しますが、脳卒中以外の神経内科疾患の鑑別にも速やかに対応が可能です。加えて、一部の脳卒中は頭痛を訴えることがありますが、脳卒中以外の頭痛の鑑別にも専門医が力を発揮します。

また脳卒中の診療にはCTやMRI、シンチグラムなどの画像検査に加え、様々な超音波検査が行われます。当センターには日本超音波医学会の超音波専門医・指導医、日本脳神経超音波学会認定検査士も勤務しており、高度な超音波診断による速やかな脳梗塞の原因検索が可能です。

その他

当センターは基本的に救急対応のため外来診療は行っていません。平日、急性期脳卒中の疑いのある患者さんのご連絡は、脳神経内科外来までお願いいたします。脳神経内科外来より当センター医師にすぐに連絡が入るよう体制を整えています。

また当センターには(公社)日本脳卒中協会の常務理事・事務局長、同栃木県支部の支部長が勤務しており、様々な啓発活動を行っています。