リウマチセンター

センター長
倉沢 和宏

特徴・特色

関節リウマチは近年の検査の進歩、新しい薬物の開発により、治療法が大きく変わってきています。一方で、痛みや変形に対して手術が必要となることもあります。
当センターでは、内科(リウマチ・膠原病内科)・外科(整形外科)により構成されており、医師と医療スタッフが緊密な意見交換をしながら、患者さんひとりひとりに最適な治療を行います。また地域の医療機関と連携し、最新のリウマチ治療を多くの患者さんに提供します。

診療概要

外来診療
初診
原則として当センターは紹介・予約制となっております。
リウマチセンター外来受付(リウマチ・膠原病内科)で予約をお取りください。
電 話 0282-87-2506
受付時間 平日14:00〜16:00
初診は「リウマチセンター(リウマチ・膠原病内科)」または「リウマチセンター(整形外科)」いずれかの予約となります。内科、外科どちらかにかかるかわからない場合はお電話でご相談ください。
なお、当センター受診をご希望の場合には、かかりつけの医師にご相談の上、紹介状をご持参下さい。
入院診療
治療内容に応じてリウマチ・膠原病内科、整形外科など、最適の診療科に入院していただきます。

教育・研修・広報活動

平成29年5月13日 第6回獨協医科大学病院リウマチ教室 於:関湊記念ホール
関節リウマチとの付き合い方~イキイキ元気に過ごすために(看護部 福田敏子主任)
関節リウマチの春夏秋冬~気を付けたいポイント(リウマチセンター前澤玲華先生)
体験談(患者さん)
自助具展示・説明(リウマチ友の会栃木支部様)
平成30年6月30日 第7回獨協医科大学病院リウマチ教室 於:関湊記念ホール
リウマチのお薬について~もう一度考えてみませんか?~(薬剤部 伊藤好夫先生)
継続した運動で筋力アップを目指そう(リハビリテーション科 池田晃子先生)
体験談(患者さん)
自助具展示・説明 (リウマチ友の会栃木支部様)
令和元年6月29日 第8回獨協医科大学病院リウマチ教室 於:関湊記念ホール

リウマチ患者さんが利用できる社会資源(地域連携・患者サポートセンター医療福祉相談部門 遠藤恭子)
高齢者のリウマチ性疾患(獨協医科大学名誉教授 玉井和哉先生)
体操(リハビリテーション科 作業療法士)
体験談(患者さん)                                自助具展示・説明(リウマチ友の会栃木支部様)

広報誌『リウマチセンターだより』の発行
こちらのページより、「リウマチセンターだより」をご覧いただけます。

その他

その他

  • 当センターは紹介・予約制となっております。
    診療をご希望される方は予め下記担当窓口にお電話ください。
    受付電話 0282-87-2023(平日14:00~16:00)

  • 緊急の場合はご連絡いただければ速やかに対応いたします。ご協力のほど、よろしくお願いします。治療により病状が安定した患者さんは、紹介元の医療機関に逆紹介いたします。

外来曜日別診療医一覧表

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
(内科)
 有馬雅史 教授
 田中彩絵 医員
 小松紗良 医員
(内科)
 倉沢和宏 教授
 前澤玲華 准教授
 宮尾智之 医員
(内科)
 田中彩絵 医員
 菊地 梓 医員
 永澤潤也 (非)医員
(内科)
 前澤玲華 准教授
 長谷川杏奈 医員 
 山崎龍太郎 (非)医員

(外科)
 富沢一生 講師
 関本巌雄 医員
(内科)
 倉沢和宏 教授
 新井聡子 講師
 坂上友亮 医員

(外科)
 富沢一生 講師
(内科)
[交代制]

*ご紹介いただく際は、必ず事前にお電話にてご連絡をお願いいたします。
*内科につきましては、原則初診は予約制です。リウマチ・膠原病内科〔TEL:0282-87-2506(直通)〕までお問い合わせ下さい。
*外科につきましては、整形外科〔TEL:0282-87-2207(直通)〕までお問い合わせ下さい。

2022年10月現在