総合がん診療センター

がん(悪性腫瘍)の診断と治療は、近年急速に進歩していますが、一方で、患者さん一人一人の健康状態や、社会生活を守りながら、それぞれの患者さんに最適な治療を提供していくためには、多くの診療科、医師が密接に協力しながら、総合的ながんの診療を行うことがとても大事です。
獨協医科大学のがん診療は、大学病院としての総合力を十分に発揮した、最良の医療を提供することを目指しています。がんは精神面も含めて全身の疾患であり、その診療はいまや1つの科だけで担当できるものではありません。また、がんの患者さんはがん以外の疾患を抱えておられることも多く、すべての診療科が必要に応じて連携して関わることができるのは、大学病院の大きな利点であり、それを推進、統括していくことがわれわれの目標とするところです。
それを推進するために、担当する医療者(医師、看護師、ソーシャルワーカーなど)を横断してがん診療の最適化を進める組織として、2006年10月に「腫瘍センター」が設置され、各科の垣根を超えたがん診療全体の総合的支援を行う部門として、よりわかりやすい「総合がん診療センター」に名称変更して、新たに再出発いたしました。
総合がん診療センターでは 、いくつかの部門でがん診療に関わる様々な側面の支援をするとともに、それぞれのがんに対する各科を横断した症例カンファレンス(キャンサーボード)を行っています。また、がんの診療に関する様々なセミナーの開催や地域住民の皆さんへの知識普及活動を行う活動に取り組んでおり、国民、県民の皆様にがんに関する質の高い情報を提供し、一緒になってがんと闘い、克服していく拠点としての役割を果たしていきたいと思います。


がんゲノム診療支援室