皮膚科

診療内容

当科では、皮膚科疾患全般に対応できる診療体制を整えております。外来は5~6名の医師が担当し、1日約100名の患者さんが来院され、月平均の初診患者は150名前後で、そのうち紹介患者は約100名です。入院は27名前後で、重症の湿疹・アトピー性皮膚炎、皮膚腫瘍、膠原病、薬疹・中毒診、熱傷、水疱症、乾癬、丹毒などの細菌感染症、帯状疱疹、水痘などウィルス感染症、母斑(あざ)など多彩な皮膚疾患に適切な治療を行っております。近年は高齢者の皮膚悪性腫瘍の患者さんが増加しております。在院日数は15日前後です。

手術におきましては、外来では月約60件、入院では月約50件を行っております。

主な対象疾患
  • アトピー性皮膚炎
  • 膠原病
  • 皮膚悪性腫瘍
  • 皮膚外科的治療を要する疾患(軟部組織における緊急の重症感染症など)
  • 脱毛症
  • 乾癬
  • 難治性湿疹・接触皮膚炎
  • 重症薬疹
  • 丹毒など細菌感染症
  • エーラス・ダンロス症候群などの先天性結合組織異常症
  • 蕁麻疹

特徴・特色

皮膚科疾患全般に対応可能です。皮膚悪性腫瘍、皮膚外科関連の疾患、膠原病、アトピー性皮膚炎、乾癬、薬剤アレルギーなどの診断、治療を施行しております。

アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、乾癬などに対する新規治療も行っております。

専門外来

専門外来曜日時間担当医
皮膚膠原病外来13:30〜濱﨑、他医師2名
皮膚悪性腫瘍及び皮膚外科外来9:00〜鈴木、塚田
レーザー外来13:30〜鈴木、塚田
皮膚アレルギー検査外来13:30〜井川、金井、寺田
褥瘡外来13:30〜井川、林、神永
アトピー性皮膚炎/乾癬外来9:00〜井川

その他(医療機関の皆様へ)

特に紹介していただきたい医療

アトピー性皮膚炎
教育入院にも対応いたします。生物学的製剤等、新規治療薬使用も積極的に行っております。

強皮症
紫外線療法(PUVA療法)など先端治療を行っております。

膠原病
診断・治療体制は整っております。

血管型エーラス・ダンロス症候群
生化学的解析・遺伝子(COL3A1)検索で確定診断を行っております。

皮膚悪性腫瘍
専門外来で早期診断と早期治療を目指す治療を行っております。

乾癬
レチノイド、シクロスポリンA、NB-UVB、生物学的製剤など様々な治療を行っております。

外傷・熱傷瘢痕・術後瘢痕
皮膚外科外来で皮膚外科的に専門医が対応いたします。

ほくろ・難治性いぼ
CO2レーザーによる治療も行っております。

円形脱毛症
光線療法などを含め、さまざまな治療をガイドラインに則って行っております。

重症薬疹
集学的な治療を行っております。

蕁麻疹
新規の抗体製剤による治療も行っております。

重症の軟部組織感染症
診断・治療体制は整っております。

回診・カンファレンス

回診
木曜日 13:30〜井川

臨床・組織カンファレンス
月曜日 17:00〜
木曜日 16:00〜

外来曜日別診療医一覧表

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日

 濱﨑洋一郎 准教授
 林 周次郎 准教授
 神永朋子 医員
 權守 隆 医員
 齋藤友紀 医員
 井川 健 教授
 鈴木利宏 准教授
 石川里子 医員
 金井美馬 医員
 池上徹栄 医員
(皮膚悪性腫瘍外来)

 濱﨑洋一郎 准教授
 小池真美 医員
 石井英輔 医員
 金井淳子 医員
 金井美馬 医員
 井川 健 教授
 神永朋子 医員
 岡本麻希  医員
 小松崎ゆき 医員
 池上徹栄 医員
(アトピー性皮膚炎外来)
 石川里子 医員
 權守 隆 医員
 山内 瑛 医員
 金子ゆき 医員
 森ひとみ 医員
 林 周次郎 准教授
 岡本麻希 医員
 金子ゆき 医員
 森 智史 医員

(褥瘡外来)13:30~
 井川 健 教授
 林 周次郎 准教授
 神永朋子 医員
※完全予約制
(初診での予約はできません)
(レーザー外来)
 鈴木利宏 准教授
 森 智史 医員
※完全予約制
(初診での予約はできません)
(皮膚膠原病外来)
 濱﨑洋一郎 准教授
 石井英輔 医員
※完全予約制
(初診での予約はできません)

*紹介状持参、および再診予約の方以外は原則受診不可とさせていただいております(月曜~土曜)。

2020年10月現在

0282-87-2200