継続教育

教育理念

共育(共に育ち、共に育てる)
獨協医科大学病院の看護部における新人看護職員研修の理念
  • 新人看護職員が看護実践の基礎を形成するものとして、重要な意義を持つ
  • 看護部の全職員が、新人看護師を支援し、ともに支えあい、成長することを目指す

研修方法として、新人看護師が全員参加する集合教育と、各部署において新人看護師指導者と先輩看護師による、実地指導が行われます。また、看護部シミュレーションセンターにおいて、個別トレーニングがあり、新人看護職員個々に求められる指導が行われます。

獨協医科大学病院の看護部は、他病院や他施設の新人看護職員の講義や研修も受け入れています。

教育目標
  • 根拠に基づいた看護実践のための教育
  • 倫理性を踏まえた看護実践のための教育
  • 自己啓発とキャリアアップのための教育
  • 共に育つ教育
獨協医科大学病院看護職者キャリア開発システム(さくら)獨協医科大学病院 看護部

教育理念:共育(共に育ち、共に育てる)
Off-JT(Off-the-job training)・OJT(On-the-job training)のリンク

教育計画のプログラム
【ジェネラリスト(ベーシック・アドバンス)】レベルⅠ~Ⅲのコース
【レベルⅣプログラム】
【全職員・役職・役割】
3分野に分かれており、Off-JT・OJTから構成されている
新人看護職員教育研修
【ジェネラリスト(ベーシック・アドバンス)】 レベルⅠ~Ⅲのコース
対象者:卒後1年目から5年目・6年目まで
対象 目標
レベル別目標 レベルⅢa~Ⅲc
(卒後4・5・6年目)
部署において専門性を踏まえた看護実践が行え、看護チームのリーダー的役割が遂行できる 臨床看護研究が一人で行える
レベルⅡ
(卒後3年目)
患者を全人的にとらえ個別的看護が実践できる。
レベルⅠa~Ⅰb
(卒後1・2年目)
社会人としての職務姿勢と部署の一員としての役割と責務に基づいて行動できる エビデンスに基づいた看護実践ができる
【レベルⅣプログラム】
対象者
当院のラダーレベルⅢ修了者で部署において知識、技術、能力を発揮できる看護師
目標
  • 獨協医科大学病院の提供する医療と看護部の方針を理解し、専門職業人としての認識を高めることができる。
  • 卓越した看護実践能力と継続的な研鑽を積み重ねることができる。
  • 行動目標:医療チームメンバーとして自立した看護とリーダーシップを発揮し調整的な役割がとれる。
領域 目標
がん看護 がん看護の理解を深め、エビデンスに基づいた看護の展開ができる
救急看護集中ケア 急変患者・重症患者病態を理解し、重症化を回避するための援助ができる
感染管理 医療関連感染対策に必要な専門知識を深め、易感染者への看護実践ができる
母性看護
新生児集中ケア
小児救急
周産期看護および小児看護における倫理的な問題の理解が図れ実践につなげられる
皮膚・排泄ケア ストーマ造設、褥瘡などの創傷および失禁に伴って生じる問題のアセスメント及び適切な皮膚ケアができる
在宅看護 患者とその家族の療養生活を支えるために、円滑でかつ有効な地域との連携が行える
脳卒中リハビリテーション看護 疾患・治療に伴う臥床による廃用症候群予防のための看護スキルを学び、実践に活かすことができる
摂食嚥下
(認知症)
四大認知症の特徴を理解し、踏まえた「食べる」支援を実践に活かすことができる
慢性心不全看護 心不全看護の理解を深め、療養支援に役立てることができる
慢性疾患看護 患者の主体的なセルフケアをキーワードに、慢性疾患とともに生きる人を支援する看護師の役割を考える
糖尿病看護 足病変に関する最新情報と足病変患者の病態と基礎知識を習得し、アセスメントとフットケアの実践に役立てることができる
共通領域 倫理的視野を広げ日々のケアに活かせる
共通領域 アドバンスケアプランニング(ACP)を理解して日々の看護に活かせる
【全職員・役職者別・役割別】
タイプ 対象者 目標
全職員
プログラム
全職員 自己啓発を促し人間性を高める
役職別
プログラム
師長 社会看護の動向をとらえ、看護管理能力を高めることができる
主任 看護の質を向上させるために任務と業務を遂行できる
役職別
プログラム
新人看護職員指導者 新人看護師が部署のメンバーとして役割を理解し、部署のスタッフと共に指導・サポート体制を構築することができる
新人教育実施看護師 EBNのある看護実践ができ、チーム内でのリーダーシップが発揮できる
実習指導者 実習指導者として自己を高め、実習目的達成のための指導ができる
プリセプター看護師 プリセプターシップを理解し、新人が職場適応できるようにサポートする取り組みができる
その他
プログラム
育児短時間取得者
非常勤
中途採用
准看護師
部署での役割を理解し、メンバーシップがとれる
看護補助者 看護補助者としての役割を理解し、メンバーシップがとれる
専門看護師一覧
がん看護(2名) がん患者さんやご家族の思いに寄り添いながら、その人らしく治療・病気と向き合える看護を心がけています。また、多職種とも協同しながら、最善の方法を考え、サポートしています。
母性看護(1名) 母性看護専門看護師は助産師でもあります。妊娠・出産・子育て中の方が、嬉しく楽しく過ごせるために、そして、女性が生涯健康であるために、大切な身体と心が整えられるような幅広いサポートを目指しています。
慢性疾患看護(1名) 担当している「看護専門外来」は、健康に関するよろず相談所です。来院した方が、ふらっと立ち寄れる場を目指しています。活動としては、糖尿病、心臓病、腎臓病をもつ方々への健康サポートを中心に、患者さんを支援する方々への相談にも応じています。
急性・重症患者看護(1名) 呼吸や循環などいのちに関わる部分が不安定な患者さんの回復を目指し、急激に健康状態が悪化した患者さんやご家族の声を聴きながら、治療や療養に向かえるお手伝いをすることが自分の大切な役割だと考え支援しています。
感染症看護(1名) 患者、医療従事者に対して、個人や集団(自施設、地域)それぞれの対象ニーズに応じて質の高い感染症看護が実践できるように横断的に活動をしています。
在宅看護(1名) 様々な病気を抱えながらも、住み慣れた地域で患者さんとそのご家族が、安心した生活が送れるように、「その人らしさ」を大切にしながら、疾患管理、療養支援、退院に向けた社会資源の調整等を行っています。
認定看護師一覧
救急看護(3名) あらゆる場面で緊急性や重症度の高い患者さんと家族への看護を実践し、合併症を最小限に社会復帰ができるよう活動しています。集中ケア・救急関連の仲間と協力して、呼吸ケアチームや院内急変対応チームとして活動しています。
皮膚・排泄ケア(1名) 医師とともに部署のラウンドを行っています。部署のスキンケアリンクナースと連携し、ベッドの適正や、ポジショニング、スキンケアについて話し合いながら、褥瘡予防に取り組み、褥瘡発生なしを目指しています。
集中ケア(2名) 生命の危機状態にある患者さんに適切なアセスメントを行い、病態の変化を予測し、重症化を回避します。心身共に不安定な時間が患者さん、ご家族にとって安全・安楽に過ごせるよう多職種と連携して支援しています。
緩和ケア(3名) 緩和ケア認定看護師は、日々の看護の中で病気や治療に伴う症状や、気持ちの辛さなどの様々な苦痛を緩和できるような関わりをしています。どのような状況であっても患者さんやご家族が本来持っている力や希望に目を向け、その力を最大限に発揮できるようサポートしています。
がん化学療法看護(3名) 化学療法は、新規抗がん剤の開発により、患者のライフスタイルに合わせた治療が可能となりました。私たちは、予測される効果・副作用・生活背景を考え、有害事象へのケア・QOL向上、患者の思いに寄り添う看護を心がけています。
感染管理(1名) 患者さんや家族の方、病院に関わるスタッフ全員を感染から守る役割があります。感染は予防が重要です。スタッフが適切な感染制御を現場で実践できるように支援しています。
糖尿病看護(2名) 外来通院・入院中の糖尿病患者を生活者と捉え、疾患の発症・悪化を防ぐと共に、その人らしい生活が継続できるように療養生活を支援します。フットケア外来では、リスク評価と足病変予防ケア・支援も携わっています。
新生児集中ケア(2名) 小さな命と向き合い、こどもの声なきサインを大切にし、よりよい成長発達が行えるよう看護させていただいています。 新生児と両親が家族となり歩み出せるよう支援しています。
手術看護(1名) 入院後、手術に向けての準備を整え、手術時や術後の状態がイメージできるよう説明・指導を行います。手術を予定されている患者さんやご家族の思いに寄り添い、安心して手術を受けられるようサポートしています。
乳がん看護(2名) 乳がん治療は手術・放射線治療・化学療法・内分泌療法と多岐にわたります。気になることがあればどんなことでも構いませんのでいつでもご相談下さい。自分の生活スタイルに合った方法を一緒に考え支援しています。
摂食・嚥下障害看護(1名) 摂食嚥下障害の専門的知識から嚥下機能評価を行い、安全な姿勢調整、食形態選択、食事介助方法、訓練法を見いだし、実践・指導・相談を行います。多職種と協働し患者・家族の「食べたい、食べさせたい」を支援します。
小児救急看護(1名) こどもの病態に応じた緊急度の判定と対応、養育者の育児不安への支援等をしています。「こどもの権利を守る」という視点で「こどもにとっての最善」を常に考え、子どもと家族が安心して生活が送れるよう実践しています。
脳卒中リハビリテーション
看護(2名)
脳卒中を発症した患者さんとその御家族はそれまでの生活が一変してしまします。発症直後から心身機能が低下しないよう努め、再発予防の指導を行います。また退院後の生活が再構築できるように支援しています。
がん放射線療法看護(1名) 放射線治療を受ける患者さん・ご家族のサポーターとして、病気や治療に伴う不安や症状を緩和しながら、専門的な視点で支援させて頂きます。その人らしさを大切にした看護が実践できるように心がけています。
慢性心不全看護(1名) 心不全サポートチームの活動、疾病教育等に携わっています。心不全経過のなかで、患者さんご自身が望まれる療養のあり方や移り行く思いを大切に、多くのスタッフとともに最善のケアとは何かを考え、日々成長を目指しています。
認知症看護認定看護(3名) 緊急・重篤な高齢者の患者さんは、痛みや苦痛をうまく訴えられず、一時的に混乱状態が続く場合があるます。そのため多職種と協働し患者さんと家族の不安な気持ちに寄り添い、安心して治療が継続できるような関りを考えています。さらに住み慣れた場所へ戻れるように貢献していきたいと思います。