沿革

昭和47(1972)年 7月27日 医科大学設置許可
昭和48(1973)年 4月23日 医科大学開学式
昭和49(1974)年 4月26日 大学病院開設許可(病床数850床)
7月14日 大学病院開院式
7月17日 大学病院診療開始
昭和53(1978)年 7月13日 病床数変更(864床)
昭和54(1979)年 3月30日 大学院設置認可
8月1日 病床数変更(856床)
昭和56(1981)年 9月26日 病床数変更(928床)
昭和57(1982)年 3月29日 病床数変更(976床)
5月9日 病床数変更(980床)
昭和60(1985)年 4月8日 健康管理科設置
4月10日 病床数変更(993床)
昭和61(1986)年 7月4日 病床数変更(1,002床)
昭和62(1987)年 8月1日 1次救急指定
昭和63(1988)年 4月1日 病床数変更(1,005床)
7月1日 2次救急指定
平成6(1994)年 3月1日 特定機能病院承認
6月1日 リハビリテーション総合施設承認
臨床工学部設置
平成7(1995)年 6月3日 社団法人日本臓器移植ネットワーク移植施設指定
平成8(1996)年 8月5日 病床数変更(1,105床)
8月8日 新病棟新築竣工 修祓式
8月19日 病床数変更(1,155床)
11月29日 災害拠点病院指定
12月27日 病床数変更(1,161床)
平成9(1997)年 1月1日 総合周産期母子医療センター設置
11月25日 本館リニューアル工事竣工
平成10(1998)年 6月1日 連携医療部設置
平成11(1999)年 3月17日 オーダリングシステム稼働
4月1日 第一内科を心血管・肺内科、第二内科を消化器内科、第三内科を血液内科、内分泌内科を内分泌代謝内科、アレルギー内科を呼吸器・アレルギー内科に改称
平成12(2000)年 4月1日 治験管理室設置
9月17日 救急患者用ヘリポート設置
平成13(2001)年 1月1日 日本救急医学会認定施設承認
4月1日 事務部医事課を医事保険課、入院課、外来課に組織変更
10月1日 光学医療センター設置(超音波部門・内視鏡部門)
11月1日 救急医療センター設置
麻酔部設置
救急部を時間外救急部に改称
平成14(2002)年 4月1日 救急医療センターを救命救急センターに組織変更
10月1日 医療安全管理部(医療安全対策課、感染防止対策課)設置
臨床研修センター設置
平成15(2003)年 5月15日 病床数変更(1,167床)
7月1日 入院医療費包括評価制度導入
11月17日 財団法人日本医療機能評価機構 病院機能評価認定
12月5日 栃木県脳卒中地域拠点医療機関指定
平成16(2004)年 4月1日 ひばり分教室開設
とちぎ子ども医療センター設置
平成17(2005)年 3月1日 PETセンター設置
5月31日 肺移植実施施設認定
9月20日 新オーダリングシステム稼動
10月1日 睡眠医療部設置
平成18(2006)年 1月30日 老人性痴呆疾患センターを老人性認知症センターに改称
4月1日 医療情報センター設置
10月1日 腫瘍センター設置
11月1日 入院会計クレジットカード払い運用開始
平成19(2007)年 1月31日 地域がん診療連携拠点病院指定
4月1日 光学医療センターを消化器内視鏡センター、呼吸器内視鏡センター、超音波センターに組織変更
6月1日 病院敷地内全面禁煙措置施行
10月15日 外来系電子カルテシステム本稼動
平成20(2008)年 3月5日 病棟系電子カルテシステム本稼動
4月1日 事務部栄養課を中央部門栄養部に組織変更
10月1日 睡眠医療部を睡眠医療センターに改称
12月15日 財団法人日本医療機能評価機構 病院機能評価認定(Ver.5.0)修得
平成21(2009)年 4月1日 老人性認知症センターを認知症疾患医療センターに改称
6月1日 心血管・肺内科を心臓・血管内科に改称
7月1日 耳鼻咽喉科を耳鼻咽喉・頭頸部外科に改称
11月1日 栃木県DMAT指定病院指定
平成22(2010)年 1月20日 栃木県ドクターヘリ運航開始(基地病院)
4月1日 地域がん診療連携拠点病院指定
血液内科を血液・腫瘍内科に改称
胸部外科を廃止し、心臓・血管外科、呼吸器外科を設置
11月1日 臨床検査医学を感染制御・臨床検査医学に改称
平成23(2011)年 4月1日 ハートセンター、リウマチセンター設置
医療安全推進課を医療安全推進センターに改称
感染防止対策課を感染制御センターに改称
臨床検査部を臨床検査センターに改称
女性医師支援センター設置
7月1日 ドクターヘリ広域連携運用開始(茨城県・栃木県・群馬県)
排泄機能センター設置
9月1日 乳腺センター設置
11月1日 形成外科を形成外科・美容外科に改称
平成24(2012)年 3月16日 ドクターヘリ1,000回出動達成
4月1日 前立腺センター、再生医療センター、放射線治療センター設置
平成25(2013)年 4月1日 連携医療部・医療相談部を統合し、地域医療連携センターを設置
循環器内科を循環器・腎臓内科に改称
7月2日 両側生体肺葉移植手術実施(県内初)
9月24日 埋込型補助人工心臓(非拍動流型)手術実施(県内初)
10月15日 第1回Dokkyo Alliance Clinics and Hospitals開催
11月29日 北京大学深圳医院との相互交流協定書の締結
12月3日 ドミトリーさくら竣工式
平成26(2014)年 1月20日 新自動支払機運用開始(領収書・明細対応型)
3月4日 「とちまるネット」日光医療センターとの運用開始
3月17日 栃木県ドクターヘリ貢献企業表彰式
3月26日 新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく指定地方公共機関指定
4月1日 救急科を標榜
5月7日 「とちまるネット」他医療機関への情報開示開始
7月1日 生活保護法等による指定医療機関の更新
11月1日 血液浄化センター設置(透析部を改称)
平成27(2015)年 3月31日 教育医療棟竣工
11月2日 病児保育室「にじいろキッズ」開室
平成28(2016)年 4月1日 「とちまるネット」他医療機関への情報開示拡大(放射線画像)
総合診療科設置
乳腺科設置
リウマチ・膠原病内科設置
総合診療教育センター設置
臨床遺伝診療室設置
4月15日 台北医学大学雙和醫院との連携協定書の締結
6月1日 放射線治療品質管理室設置
7月1日 電話医療通訳サービス導入
平成29(2017)年 3月1日 臨床研究支援センター設置(治験管理室を改称)
4月1日 歯科、小児歯科、矯正歯科を標榜
平成30(2018)年 3月31日 総合診療教育センター廃止
4月1日 医療法施行規則の一部改正に伴う既存病床数の変更(一般病床:1,153床
脳卒中センター設置
4月3日 バースセンター(院内助産所)開設
5月1日 糖尿病センター設置
6月1日 ロボット手術支援センター設置
7月1日 腫瘍センター内に、がんゲノム診療支援室を設置
地域医療連携センターを地域連携・患者サポートセンターに改称
8月1日 アレルギーセンター設置
10月1日 神経内科を脳神経内科に改称
平成31(2019)年 4月1日 心臓・血管内科を心臓・血管内科/循環器内科、循環器・腎臓内科を腎臓・高血圧内科に改称
令和元(2019)年 7月1日 腫瘍センターを総合がん診療センターに改称